2018年10月10日

10/10放送 シリーズ和歌山城天守閣再建60周年「企画展示」開催中☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」
シリーズ「和歌山城天守閣再建60周年」
今回は今開催中の企画展示について
和歌山城整備企画課・学芸員の大山僚介さんに
お話を伺いました。

kikakuten-aki.png


和歌山城天守閣は、昭和33年10月1日に竣工しましたので、
10月はそれを記念した様々なイベントを実施しています。

その一環として、
天守閣が再建されるまでの過程や様々な苦労を紹介する
企画展示「和歌山城天守閣再建」
11月25日まで開催しています。

天守閣多門展示コーナーを第一会場
わかやま歴史館2階歴史展示室を第二会場とした連携展示です。

天守閣では、
当時の再建工事の様子をうつした写真を中心に、
再建までの過程をたどります。

和歌山城整備企画課では、再建工事や
竣工後のお城まつりの様子をうつした写真アルバムを
多数所蔵していますが、
そのアルバムの中には
これまで公開していない写真も多数あります。

そうした写真の一部を今回展示しています。

また、天守閣の再建費用の約半分は寄付金で賄われたのですが、
寄付をしてくださった方の名簿も当課で保管しています。

一番多額の寄付をしてくれた松下幸之助の名が入った名簿や、
企業・一般市民からの寄付の名簿などを展示しています。

わかやま歴史館歴史展示室の一角では、
再建の設計図面や再建時の雰囲気が伝わるポスターなどの展示を行っています。

IMG_4312.JPG

天守閣の設計を担当した東京工業大学教授の藤岡通夫は、
いきなり鉄筋コンクリート造で設計すると、
木造ではありえない設計としてしまう恐れがあると考えました。

そのため、一度木造で設計し、
それを鉄筋コンクリート造に置き換えるやり方をとりました。

それは、これまでも知られていたのですが、
最近、その木造で設計した図面が発見され、
今回はそれを複製ですが初公開しています。

また、現在の大天守にのっている(しゃちほこ)の絵図面と思われるものを
展示しています。

IMG_4310 (2).JPG

実際に乗っている鯱とは、大きさやデザインが若干異なるようなのですが、
絵図に描かれている鯱で約2・1mもある非常に迫力のあるものです。

普段近くでみることのできない鯱の大きさを
間近で体感していただけると思います。
こちらも初公開です。

期間は11月25日まで。

大山さんは、
「ただいま、天守閣に登城された方限定で、
60周年記念ポスターと同じデザインのクリアファイル
わかやま歴史館歴史展示室の受付にて先着5000人
プレゼントしています。
この機会にぜひお越しください。」

と多くの来場を呼び掛けています。

IMG_4593 (1).JPG


詳しくはこちらをクリック!


明日は「まちかど通信24」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする