2018年07月09日

7/9放送 「第67回 和歌山市美術展覧会(市展)」が開幕します☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「第67回 和歌山市美術展覧会(市展)」
について
文化振興課の山口華奈さんにお話を伺いました。


第67回市展ポスター-1.jpg


「和歌山市美術展覧会」
は、
和歌山市における美術工芸の振興と
鑑賞愛好の精神を高め、市民の文化水準の向上を図ることを目的に
毎年開催しています。

「市展」の愛称で親しまれ、
今年で67回目の開催をむかえます。

和歌山県にお住まいの方、出身の方、通勤・通学など
広く和歌山にゆかりのある15歳以上の方々を対象とした
公募型の展覧会です。

例年500点近くもの作品の応募をいただいています。

「市展」には、
洋画・日本画・書道・写真・彫塑・工芸・いけ花
7部門があり
4会期に分けて、それぞれの作品を展示し開催します。


今年の第1会期は、
7月11日(水)から15日(日)まで、
日本画・工芸・いけ花の展示を行います。

第2会期は、
7月18日(水)から22日(日)まで。
書道の展示を行い、

第3会期は、
7月25日(水)から29日(日)まで。
洋画の展示を行います。

第4会期は、
8月1日(水)から5日(日)まで。
写真・彫塑の展示を行います。

会場はいずれも、和歌山市民会館の展示室、及び市民ホールで
時間は、午前9時30分から午後5時までです。

初日の7月11日(水)には、
午前10時からオープニングセレモニー
行いますので、開場はセレモニー終了後となります。
入場は無料です。

尚、会期中の日曜日、午後1時30分から午後3時まで
審査会委員の先生方から作品の解説や創作のポイントを聞くことが出来る
「ギャラリートーク」を開催します。
皆様、お気軽にお越しください。


CCI20180709.jpg


いずれの会期も、審査を経た入選作品が展示されますが、
特に優秀な作品につきましては、
市長賞、市議会議長賞、読売賞をはじめとする
各賞が授与され表彰式が行われます。


山口さんは
「毎年3000人を超えるご来場をいただいております市展ですが、
今年も力作ぞろいの展覧会となっております。
美術に興味のある方はもちろんのこと、そうでない方も
皆様のご来場をお待ちしています。」

と多数の来場を呼び掛けています。


「和歌山市美術展覧会」はこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」をお届けします。
どうぞお楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする