2018年06月21日

6/21放送 まちかど通信I〜足守(あしがみ)神社について「東山東地区」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信I」
今回は「東山東地区」をご紹介しています。


IMG_5855.JPG


今日は足の神様「足守神社」について
東山東地区公民館 館長吉田文雄(よしだふみお)さん
お話を伺いました。


IMG_5912.JPG


足守(あしがみ)神社は、昔、
覚鑁上人(かくばんしょうにん)が、大池(おいけ)を造営した時に
大勢の人夫達が足を痛めて仕事を怠けるものが日増しに増えました。
これを覚鑁上人が大変心配されて、
京都の愛宕山から足の神様を勧請して、
この地に足守大明神としてお祀りしたのが始まりです。


足痛の者が祈念すると霊験あらたかで治らない者はいない、
この足守神社の霊験あらたかなことが
世の中に広まり現代に至っています。


神社のお社につるされた絵馬には、わらで編んだわらじではなく
草履が吊るされています。


IMG_0068 (3).JPG


願い事も、足のケガや病気だけでなく、
サッカーで「PKが決められますように」や
陸上競技で「良いタイムが出せますように」
バレエで「コンクールで入賞できますように」など
足に関する願い事がさまざまです。


IMG_5869.JPG


ところで、覚鑁上人とはどういった人物なのでしょうか?
吉田さんは、
司馬遼太郎の言葉を引用してお話してくださいました。

「最澄や空海に次ぐ仏教史上の巨人でありながら、
鎌倉仏教の法然、親鸞、日蓮や栄西、道元、あるいは一遍といった
人たちに比べ知名度が低い。
しかし、覚鑁がたてた、仏教を二分する
新義真言宗は、
京都の知積院、大和の長谷寺、関東の川崎大師や成田のお不動といった
名刹をおまいりする何人が、覚鑁が宗祖であることを知っているだろうか。」


このように話していたそうです。
覚鑁は、名前はあまり知られていないけれど仏教界の巨人でありました。

さて、足守神社では、毎年7月第1日曜日におまつりがあります。
地元だけでなく全国各地から大勢の参拝客で、境内がとても賑わいます。

IMG_5934.JPG


今年は7月1日(日)

足の病には御夢想灸(ごむそうきゅう)」が有名です。

IMG_0073.JPG


弘道阿闍梨が諸国行脚をして和歌山城下で足を痛め歩けなくなり
ある人の勧めで足守神社に祈願したところ痛みが消えました。
その後、弘道の夢に足守大明神が現れて
お灸の仕方を教えてくれたそうです。

午前6時から午後4時まで。
是非ご参拝ください。


IMG_5941.JPG



明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする