2018年02月21日

2/21放送 市役所お仕事紹介〜「産業政策課」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は、和歌山市役所のお仕事紹介。
産業政策課をご紹介いただきました。
産業政策課 産業政策班の岩井健太さんにお話を伺いました。


IMG_3556.JPG


市役所本庁舎10階のある産業政策課は、
産業政策班雇用労働班企業立地班の3班に分かれています。

産業政策班は、
産業政策に関する企画と実行や、経済情報の収集、分析などを
行なっており、市内事業者への支援を進めています。

雇用労働班は、
勤労者の福祉や雇用対策、労働者の相談業務等を行なっており、
市内住民の労働に関する支援を進めています。

企業立地班は、
企業誘致と立地の推進や、企業立地促進奨励金制度、
工場立地法に関する業務等を行なっています。

岩井さんは、産業政策班に所属。
主に「チャレンジ新商品認定事業」
「経済動向調査分析事業」を担当しています。

チャレンジ新商品認定事業は、
市内の中小企業者等が開発する優れた新商品を
幅広い分野で募集し、市が一定の基準で審査の上
認定してホームページや広報誌などで商品のPR活動を行うことで
販路拡大の支援を行なっています。

平成29年度については、
羅布陽介さんの「吉宗300」
浅川組運輸株式会社の「イスdeベッド」
glafit株式会社の「glafitバイク」
3つの新商品を認定しました。


IMG_3549.jpg
(チャレンジ新商品のglafitバイク)


経済動向調査分析事業は、
経済指標に関するデータを収集・分析する経済動向調査と
一般の経済指標では得られない企業の景況感と、
マインド動向を客観的に把握するための景況動向調査などにより
市内企業の現状・課題の把握を行い、
今後の産業振興施策の方向性を示すための事業です。

ところで、岩井さんは昨年4月に入庁したばかり。
仕事のやり甲斐などについては、
「実際に企業からの生の声を聞けることです。
私が担当しているチャレンジ新商品認定事業におきましては、
認定した事業者様から販路拡大につながった等の話をいただくと
自分のことのように嬉しく感じます。」

と話しています。

また、苦労していることや心がけていることについては
「まだまだ産業に関する知識が浅く、
わからない所は調べながらになるので、
一つの仕事に時間がかかってしまうことです。
現在は、当然のことではありますが、
1つ1つの仕事をミスがないように丁寧に行うことを心がけています。」

とおっしゃっていました。

産業政策課からのお知らせとして

来月3月に、和歌山市内企業約30社が参加しての
「わかやま市就職フェアin大阪」
「わかやま市就職フェアin京都」を開催します。

「和歌山で就職したい!」「和歌山の企業で働きたい!」
そんな求職者の思いを応援する就職フェアで、
大阪、京都にいながら和歌山市内の優良企業と出会える絶好の機会です。

日時は、
大阪会場の就職フェアは、3月4日(日曜日)午後1時から4時まで。
場所は、大阪市中央区の「大阪産業創造館」で開催します。

また、
京都会場の就職フェアは、3月12日(月曜日)午後1時から4時まで。
場所は、京都市南区の「京都テルサ」で開催します。

対象者は、一般求職者と、2018年及び2019年春に
大学、大学院、高専、短大、専門学校を卒業予定の方で、
事前の予約は不要、参加費も無料、入退場自由となっています。
是非ご参加ください。

また、産業政策課では、
「わく和〜クナビ」という企業情報サイトを運営しています。


main.png


このサイトは、和歌山市内の企業情報や各種イベント等
就職に関する有意義な情報を随時掲載しております。
また、就職に関する情報をメルマガ形式で配信する
「和歌山市就職情報応援メールサービス」
を同サイトで
運用していますので、そちらも是非ご活用ください。

「わく和〜クナビ」はこちらをクリック!


最後に岩井さんからのメッセージ
「和歌山市には、元気な企業が少ない、働く場所が少ないと
思われがちですが、全くそんなことはありません。
市内の製造業労働生産性は中核市の中でも非常に高く
その他の産業においても元気で魅力的な企業がたくさんあります。
和歌山市の産業を活性化し、地域経済の発展に貢献することが
我々の仕事です。
精一杯頑張っていきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。」



「産業政策課」はこちらをクリック!



明日は「小学校訪問㊷」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする