2018年02月19日

2/19放送 「不妊治療」の助成制度について☆

今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「不妊治療の助成制度」について
和歌山市保健所 地域保健課の神崎美晴さんに
お話を伺いました。


CCI20180218.jpg


妊娠を希望している夫婦が1年間、
通常の性生活を行なっているにもかかわらず、
妊娠しない状態を「不妊」といいます。
夫婦の10%が不妊と言われています。

不妊の原因は、男性にも女性にもあり、
その割合はほぼ同じです。

そのため、1年以上妊娠しない場合、
さらに年齢が高い(35歳以上)の場合や
月経不順、子宮内膜症など
不妊についての不安要素がある場合には
より早期に産婦人科の受診をおすすめします。

「不妊治療」
費用が保険適用外になる場合や
高額になる場合がありますので、
和歌山市では、「特定不妊治療」「一般不妊治療」
費用の助成制度があります。


「特定不妊治療」は、体外受精および顕微授精などの治療が
対象となります。

「一般不妊治療」は、ホルモン療法人工授精の治療、
不育症の治療などが対象となります。

平成29年度については、
3月30日までが対象期限となっていますので
今年度、このような治療を受けられた方は、
是非、期限内に申請をしてください。

制度の内容は、少し複雑になっていますので、
お気軽にお問い合わせください。

☎073-488-5120(和歌山市保健所地域保健課)まで。


また、「不妊相談」も行っています。
これは、専門の医師による面接相談で、
毎月第1水曜日に相談日を設けています。

おひとり45分程度の時間を取って
予約を受け付けています。
事前に電話で予約をお願いいたします。

☎488-5120まで。


ほかにも、保健師などが随時ご相談をお受けしています。
電話相談や保健所に来ていただいての相談も受け付けています。


神崎さんは
「不妊治療は、肉体的にも精神的にも経済的にも
とても負担が大きい治療です。
和歌山市保健所では、色々な悩みの相談も受け付けていますので
お気軽にご相談ください。」

と呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問㊶」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする