2017年07月19日

7/19放送「熱中症」にご注意を☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「熱中症予防」について
和歌山市保健所 地域保健課
南保健センターの後藤彩子さんにお話を伺いました。

熱中症予防ひとやすみ所-1.jpg


暑い夏が到来。
気を付けなければいけないのが「熱中症」です。

「熱中症」の症状は
筋肉痛や大量の発汗、
さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、
重症になると意識障害などを起こします。
高温多湿な環境に長くいることで、
体内の水分や塩分のバランスが崩れ、
体温の調節機能がうまく働かなくなり
そのことで、体内に熱がこもった結果
これらの症状が表れます。

暑さに慣れていない今の時期や
湿度が高く急に気温が上がった日は起こりやすくなります。

屋外だけでなく、高温多湿になりやすい室内でも注意が必要です。

高齢者や、体温調節が未熟な乳幼児は熱中症になりやすいので、
さらに注意が必要です。

予防の基本は、
暑さを避けて、こまめに水分補給をすることです。

軽い脱水状態のときは、のどの渇きを感じません。
のどが渇く前に、こまめに水分をとりましょう。
お茶や水がいいでしょう。
冷たすぎるものや、1度にごくごく飲んでも必要量は吸収されません。
アルコールは脱水症状が進みます。注意してくださいね。

クーラー扇風機を上手に利用し、
28℃を超えないように心がけてください。
24度以下になると、
外気との差が激しくからだに負担がかかってしまいますでの
温度調整を心がけましょう。

暑さを避けるために、外出時は帽子を利用しましょう。
衣服も、汗を吸う素材を選びましょう。
ゆったりしたものだと、通気性が良くなり、
熱がこもりにくくなります。

普段からウォーキングなど、
をかく習慣があることも大切です。


もし熱中症と思われる症状があらわれたら、
焦らず、落ち着いて対処しましょう。
予防の基本と同じです。

体温を早く下げることが大切ですので、
軽度であれば、涼しい場所で水分補給をしながら休めば、
自然回復します。

汗と共に塩分も無くなっているので、
塩分を含んだスポーツドリンクなどで、
水分・塩分を補給しましょう

風通しのよい日陰やクーラーが効いている室内など、
涼しい場所へ避難しましょう。


衣服を緩ませ、うちわや扇風機、保冷剤などを活用して
熱を放散させて、からだを冷やしましょう。

意識がなかったり、水分を自分で補給できなかったり、
症状が改善しない、
反応がおかしい場合は、救急車を要請しましょう。


IMG_2025.JPG


和歌山市地域保健課では、熱中症が増える夏場の対策として、
和歌山市内の公共施設で、市民が気軽に休憩できるように、
6月1日から9月30日まで、
「熱中症予防ひとやすみ所(ところ)
案内表示をしています。

万が一の場合に備え、
AED(自動体外式除細動器)を設置している
支所や連絡所を中心に市内55か所を選んでいます。

外出中に急に気分がすぐれなくなった時などに
是非、利用していただきたいです。


IMG_2026.JPG


詳しくはこちらをクリック!


後藤さんは
「食べる、運動、眠るの基本的なリズムをつくっておくことは、
夏バテに陥らない身体をつくります。
規則正しい生活を心がけ、夏を楽んでくださいね。」

と熱中症予防を呼び掛けています。


明日は「小学校訪問Q」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする