2017年07月17日

7/17放送 公共交通情報マップ「wap+(ワッププラス)配布☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は公共交通情報マップ「wap+(ワッププラス)
配布について交通政策課の
吉田剛人(よしだたかひと)さんにお話を伺いました。


IMG_2008.JPG


公共交通情報マップwap(ワップ)とは
和歌山市が公共交通利用促進事業の一環として発行している
和歌山市内の路線バスや鉄道の路線図を掲載した
公共交通情報マップです。

南海和歌山市駅やJR和歌山駅のバス乗り場の案内や、
主要な行先への生き方ガイドなどを紹介しています。

これまでのwapは、市内全域を対象にしていたこともあり、
字が小さくわかりにくいという声もいただいていたので、
外出目的や年齢、地域別の5種類に分け、
地図と文字を大きくし
複雑な公共交通路線図を模式図とし
わかやりやすくしました。

IMG_2005.JPG
(左が観光版、右がシニア版)


また、バスの乗り方の紹介をイラストではなく、
写真を利用し
バスの系統番号附番法則などのトピックを紹介するなど、
利用者がバスを利用する際のわかりやすさを重視し、
利用者が知りたい情報を詳しく掲載するようにリニューアルしました。

5種類とは、
@観光版
Aシニア版
B北部版
C中央部版
D南部・東部版

の5種類のラインナップを揃えました。

観光版では、
本市を訪れた外国の方にも親しんでいただけるよう
路線バスの乗り方を始め、系統番号の法則などのコラムに
英語翻訳を併記し、観光地やラーメン店、温泉などを
紹介しています。

また、シニア版では、
老人優待施設や保健センター、地域包括支援センターなどを
紹介し、従来より文字を大きくすることで、
よりわかりやすくご利用いただけるようにしています。

次に、地域版として、
和歌山市内を北部版、中部版、南部・東部版に3分割し
エリアごとに公共交通網の詳しい情報を掲載しています。
また、複雑になりがちな路線バスの運行経路を、
大浦街道、国道42号、塩屋街道、国体道路といった
主要4道路紀の川を渡る橋ごとに着目し、運行経路の整理を
行っています。

「wap+」は、
和歌山市役所の1階ロビー始め、本庁舎4階の交通政策課、
また支所連絡所、サービスセンターなどに置いています。
観光版については、和歌山市の観光案内所や、駅の窓口にも
置いております。

和歌山市は、クルマ社会の進展に伴い、
公共交通機関の利用者が減少しています。
とくに路線バスでは、不採算となっているバス路線の廃線が
近年相次いでいます。

公共交通機関は、一度路線がなくなると復活が極めて困難です。
そのため和歌山市では、
公共交通機関を維持するための支援を行うとともに
鉄道やバスの利用啓発を行っているところです。

今回、5種類の公共交通情報マップ「wap+(ワッププラス)」を
ニーズに応じて使い分けていただくことで、
より一層、公共交通に親しみを持ってもらい、
鉄道や路線バスなどの公共交通機関を利用してほしいと思います。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問P」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする