2017年05月31日

5/31放送 伏虎義務教育学校で「開校式」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「伏虎義務教育学校」開校式の模様をお伝えしました。


IMG_0238.JPG


一昨日5月29日、
和歌山市で初の「小中一貫教育」を行う
和歌山市立伏虎義務教育学校で「開校式」が行われました。

在校生や地域の人たち、教職員に加え、
和歌山市の尾花市長や、
校歌を作曲した東京藝術大学学長澤和樹さんらが出席し
開校を祝いました。


IMG_0254 (1).JPG



開校式では、まず
伏虎義務教育学校林素秀校長が挨拶。

「本校は、本町、城北、雄湊小学校と伏虎中学校が統合し
9年間を通して、子どもたちを育んでいく
義務教育学校として新たな歴史の一歩を歩みだします。

現在、児童生徒数675名。1年生から9年生までが在校する
大きな学校となりました。

開校後、2か月が経ち、みんな元気に日々の学習にスポーツや
文化活動に励んでいます。

児童生徒の皆さん、今日の開校記念式は伏虎義務教育学校の
歴史の中で1回しかありません。

みんなで開校式に参加できたことを一緒に喜びたいと思います。
この学校は、多くの方々の願いが集まって出来た学校です。
みんなで力を合わせて、何事にも一生懸命に取り組み
夢と希望あふれる学校を創っていきましょう。」


IMG_0252 (1).JPG



また来賓として出席した和歌山市尾花市長は、
次のようにお祝いの言葉を述べました。


IMG_0240.JPG


「皆さんには、これまで多くの人材を輩出してきた、
本町、城北、雄湊小学校や伏虎中学校が果たしてきた役割と
それぞれの学校が築き上げてきた伝統を継承発展させ、
郷土愛を持ちながら、
社会で活躍できる力を身に付けていただきたいと思います。

これから、伏虎義務教育学校は新しい歴史を刻んでゆきますが
心と力を合わせて、校歌の歌詞にもあるように
子どもたちが未来に夢を見ることが出来る希望にあふれた学校を
創造して行っていただきたいと思います。」

そして児童生徒を代表して、
9年生東山信太さんが挨拶しました。


IMG_0246.JPG

「伏虎義務教育学校はまだ始まったばかりです。
私たち一人ひとりが学習やスポーツ、クラブ活動に
一生懸命に取り組み楽しく有意義な学校生活を送ることが
私たちを見守ってくださっている多くの方や地域の皆さんの
気持ちに応えることだと思います。

これからもみんなで精いっぱい頑張って、伏虎義務教育学校の
伝統をつくって行きます。
よろしくお願いいたします。」

また、式では、校歌を作詞した、澤和樹さんに
伏虎義務教育学校の林校長から感謝状が贈られました。

IMG_0244.JPG


伏虎義務教育学校の歴史は始まったばかりです。
これから、地域とともに
素晴らしい学校に作り上げて行ってくださいね。


「伏虎義務教育学校」はこちらをクリック!


明日は「小学校訪問F」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする