2016年06月29日

6/29放送 和歌山市PR動画「おかえりなさい」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は和歌山市PR動画「おかえりなさい」について
広報広聴課の木下直哉さんにお話を伺いました。


IMG.jpg


このPR動画は、和歌山市と和歌山大学との連携の中で、
和歌山市が持つ様々な魅力を発見し、
効果的なシティプロモーションの推進を図ることを目的として制作しました。

「定住促進」という大枠のテーマはあったのですが、
「和歌山市の魅力を効果的に全国へ伝えるにはどうすればいいか」
という、原点の部分から学生たちに考えてもらい、
何度も話し合った結果、「PR動画の制作」という結論に至りました。

「おかえりなさい」というタイトルは、
その話し合いの中で、学生たちが
和歌山市は「あったかい」というイメージを持っていたこと、
そして、県外から和歌山市を訪れた人が、
なにか「ほっと」するような「心のふるさと」
と感じてもらえるようなまちであってほしい
という思いから決まったのです。
大学内にある、クリエ映像制作プロジェクトの学生さんたちと
一緒に制作したのですが、みなさん素直で真面目、
そしてとても勉強熱心だなという印象を受けました。


ただ、和歌山市の印象として
「都会でも田舎でもない”中途半端な田舎”」と言われた時は
「まだまだ頑張らなきゃだめだな」と思いました。

台本作成や撮影だけでなく、ロケ地の決定や撮影後の編集作業、
そして今回出演の役者さんたちも全て和歌山大学の学生さんたちが行ったので
学生たちの汗と努力と頑張りが映像に入りこんでいます。
それが観ている人に伝わればいいですね。

また、和歌山大学の先生方も、映像制作の経験者として
たくさん助言や指導をいただいたのですごくありがたかったです。


また、動画で流れている曲は、全て
和歌山市出身のシンガーソングライター宝子さん
作ってくれたものです。

宝子さんには、実際に制作中の動画を見ていただきながら
曲作りをお願いしたので
動画にピッタリの「心あたたまる曲」になったと思います。


「おかえりなさい」は、
YouTube「和歌山市公式チャンネル」
に掲載しています。

こちらをクリック!


木下さんは
「学生たちの若いアイデアとパワーがいっぱい詰まった
魅力あふれる動画になっています。
この動画を観ていただくことで、1人でも多くの方に
「和歌山市っていいな」
「和歌山市に住みたいな」と思っていただけたら
ありがたいです。
そして、その方々が実際に和歌山市に来られた時に、
「おかえりなさい」と感じていただけたら嬉しいですね」

と沢山の方に動画を観てもらいたいと話しています。


詳しくはこちらをクリック!



明日は「幼稚園訪問」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする