2016年05月25日

5/25放送 「和歌山市消防音楽隊」隊員募集☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「和歌山市消防音楽隊」隊員募集について
和歌山市消防音楽隊の南方あゆみさんにお話を伺います。


IMG_6862.JPG


和歌山市消防音楽隊は昭和44年に発足、
今年で47年目をむかえる歴史ある音楽隊です。

市内各地で開かれる様々なイベントや消防行事の際に、
音楽を通じて「火の用心」を呼び掛け、
市民消防をつなぐ防火かけ橋として活動しています。


06集合.jpg


平成24年度には、会社勤め、自営業、家業などを持ちながら活動する
消防団員の隊員が加わり、見た目も華々しい音楽隊となりました。

南方さんは、平成24年度からメンバーに加わり、
消防音楽隊ではクラリネットを担当しています。

「中学生の時から吹奏楽部でクラリネットを吹いていますが、
低い音から高い音まで3オクターブ半の音域が出ますので、
メインの旋律だったり、裏の伴奏を受け持ったりします。
どの曲でも楽しく演奏できるのでとても気に入っています。」



IMG_6860.JPG


さらに、南方さんはカラーガードの隊員としても活躍されています。

「平成24年にカラーガード隊一舞旗(いぶき)が発足しまして、
私はその一員としてフラッグ演技を行っています。
楽器演奏との掛け持ちになるので、限られた訓練時間の中で
他の隊員と振付を合わせるのが大変ですが、
観客の皆さんに少しでもいい演技を見ていただけるようがんばっています。」

と話しています。

ところで、今回募集を行っているのは、
防火広報団員としてクラリネットドラムセット
カラーガードインストラクター
の3名についてです。


クラリネットとドラムセットは音楽隊員として、
様々なイベントなどでの派遣演奏や訓練を行います。

02クラ.jpg

05ドラム.jpg

カラーガードインストラクターは、
曲に合わせた振付作成と演技指導を行い、
カラーガード隊員の先生として活動していただきます。

04ガード2.jpg


音楽隊員は「音楽演奏を専門的に行う」消防団員となりますので、
通常の火災などには出動しませんが、
万が一大規模な災害が発生し和歌山市内に避難所が開設された際には、
救護活動や避難所運営に加担して活躍していただきます。

応募資格は、
・和歌山市に居住、又は勤務されている方
・クラリネット、ドラムセットを演奏できる方
またはカラーガードフラッグ演技の振付作成及び演技指導ができる方
・年齢が18歳から55歳までの方
などとなっており、
面接と楽器演奏またはフラッグ演技の選考試験があります。

応募方法は?
和歌山市消防局5階の消防総務課に備え付けの受験申込書に
必要事項をご記入いただき、持参または郵送してください。

また、和歌山市消防局のホームページから、
消防音楽隊員募集のページを開いていただき、
受験申込書に入力、電子メールで応募いただくこともできます。

こちらをクリック!


01 H28音楽隊員募集ポスター大.jpg


受験申込書は6月10日金曜日必着となっています。

試験日は6月26日の日曜日です。
  
お問い合わせは、和歌山市消防局消防総務課 
☎073-426-0119までお願いします。


最後に南方さんからメッセージを!

「現役で音楽活動をされている方はもちろん、
昔学生の時に吹奏楽をやっていた方で、
また演奏してみたいなーと思われる方など、
多くの皆様に、ぜひご応募お願いいたします。

これからも消防音楽隊がより一層皆様の身近な存在となれるよう、
一生懸命いい音楽を届けて行きたいと思いますので、
街中のイベントなどで消防音楽隊を見かけたら
ぜひ足を止めて演奏を見て楽しんでいただけたらと思います。」


(画像提供=和歌山市消防音楽隊)


明日は「幼稚園訪問」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする