2015年12月29日

12/29放送 「ベイマラソン」ハーフ4年連続完走シニアランナー!〜東嘉子さん☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

火曜日は「ふるさとわかやまゲンキ人」
今日は、今年の和歌浦ベイマラソンwith Jazz」
3年以上連続 最高齢完走ランナーとして表彰された
東嘉子(あずまよしこ)さんをご紹介しました。

IMG.jpg


東さんは、今年の和歌浦ベイマラソンで
ハーフマラソン(21.0975km)を完走。
第12回大会から4年連続での完走です。
それ以前は、10Kmに出場、いずれも完走しています。
部門で1位をとったこともあるそうです。

IMG_0001.jpg
(ベイマラソンで)


和歌浦ベイマラソンには、10回以上は出場されている東さん。
現在78です。

子どもの頃からスポーツ大好き少女だったのかと思いきや、
実はそうではなく、ずっと走るのが大嫌いだったとのこと。
ビックリです。

「後ろを走る人がいれば安心してしまうタイプ。その人にも
抜かれてしまう感じです。」


マラソンを始めたのは、退職してからの66の頃。
ホノルルマラソンに出場したのがきっかけ。
特にトレーニングもせずに気軽に参加、5時間以上かけて
必死の思いで完走したそうです。
しかし、その後、脚がけいれんしてその場に倒れこんでしまったとのこと。

「それから毎年、6、7回連続して出場しました。」

冬はホノルル、夏はオーストラリア・ゴールドコーストの大会に
出場を続けていたそうです。
また、現在は、医師の勧めで脚の負担を軽くするため水泳にも取り組み
プールに行けば1000メートルくらいは泳ぐそうです。
更に、友人に誘われて年に1回登山に行かれたり、
仲間たちとテニスも楽しまれているとのこと。

とてもアクティブで元気な東さんです。

IMG_0002.jpg
(ホノルルマラソンで仲間たちと)


IMG_0003.jpg
(山頂で)


しかし、決して無理はしません。
現状維持をいかにするか?という感じで取り組んでいます。」

庭で草取りをしていて腰が痛くなったら、軽くランニング。
「それで身体がシャンとする、身体をほぐれます。」

専門のトレーナーの指導を受けたこともなく、
月2回ほど走る程度。
大会の前に少し長い距離を走るくらいで、とてもマイペースだそうです。

東さんの日課は、
まず、朝起きたら30分のストレッチ。
そして、頭の中でその日のタイムスケジュールをしっかり考えるそうです。

「何時からジムへ行って、何時から走って、と言ったように
しっかり予定を立てます。
昼間、家でテレビを見てゆっくりというのはありません。
ほとんど家にいませんので。」


しっかり考えることが認知症予防につながります。」
と東さん。

帰宅しても、買い物に行ったり夕食の準備をしたり
洗濯ものを取り入れたりで、あっという間に1日が過ぎるそうです。

東さんにいつまでも元気でいる秘訣を伺いました。

無理なく運動することが大切だと思います。
無理してすることがありません。
私も、どこか痛いところがあるときはそこを使わないようにしたり
しています。
それと、自分で考えて行動すること。
休み休みでもいいから、
行動することで認知症予防につながると思います。」



IMG_0003-001.jpg
(ねんりんピック表彰式で)

IMG_0003-002.jpg
(徳島マラソンで)


ホントにアクティブでお元気な東さん。
これからも決して無理なさらず、マイペースで‼‼
そしてまたベイマラソンで元気な走りを見せてくださいね。

IMG_0003-003.jpg


(画像提供=東嘉子さん)


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| ふるさとわかやまゲンキ人(2011~2015) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする