2014年03月17日

3/17放送 市民生活相談センターから「還付金詐欺などにご注意を!」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「市民生活相談センター」からのお知らせ。
市民生活課の塩野昌宏さんにお話を伺いました。

IMG_0001-1.jpg


市役所2階にある「市民生活相談センター」は、
日常生活から生じる問題、金銭トラブルや離婚、相続
借地借家、不動産、消費生活や交通事故
などでお困りの時に
相談するための窓口として開設されています。

IMG.jpg

いろいろな相談を受ける中で、今回は
「消費生活相談」の中から多く寄せられる相談の事例を挙げて
お話しいただきました。

まず、今の季節、
「確定申告」の時期ということで「還付金詐欺」にご注意を!

「還付金を振り込みます」と銀行のATMに誘導する電話には
絶対に応じないで下さい。
また「市職員」「税務署員」「県職員」などを名乗っての電話が
かかってきても、市や県の職員などがそのような電話をすることは
ありません。

また新年度になりますと、国の「臨時福祉給付金」に便乗し
「給付金」を語り、同じように銀行のATMに誘導する事例が
発生することも懸念されます。
どうぞお気を付け下さい。

このほか、
覚えのない商品をいきなり送ってくる「送り付け商法」にもご注意を!

注文した覚えのない商品が送られてきた場合支払い義務はありません。
相手の連絡先などをメモしたうえで「受け取り拒否」をし、
その後、「市民生活相談センター」にご連絡ください。

また「無料」と思わせて「試供品」「サンプル」を送り付け、
代金を請求する場合
もあります。
この場合も「支払い義務」はありません。
必要なければきっぱりと断りましょう。
それでも送ってきた場合は、受け取り拒否をしてください。

高額な買い物は身近な方にご相談してください。
「おいしいもうけ話」はないと思ってください。


ほかにも、あなたのお金を狙ったいろいろなケースがあります。
「市民生活相談センター」では、このような事例を
「出前講座」でお話ししています。

関心のある方は是非
「市民生活相談センター」までお申し込みください。
ご近所の方たちなどと是非一緒に学んでくださいね。

「市民生活相談センター」へは
電話073-435-1025(直通)までお願いいたします。



「市報わかやま3月号」にも特集記事が掲載されています。
晴れ詳しくはこちらをクリック!


明日は「ふるさとわかやまゲンキ人」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする