2011年10月11日

10/11放送 海外アーティストと「アートな交流」〜加藤久美さん☆

火曜日は「ふるさとわかやまゲンキ人」
今日は「わかやまの底力市民提案実施事業」で採択された
「アートな交流」について
「環境文化交流会」主宰
和歌山大学・観光学部
教授の加藤久美(かとうくみ)さん
にお話を伺いました。

DSC_1180.jpg

加藤さんはこれまで25年間オーストラリアに在住、
文化の交流という視点から環境問題に取り組んでいこうと
設立したNPO団体が
「環境文化交流会=ECCO(エコー)」です。


今回、「アートな交流」は
和歌山市内の歴史的な建造物を利用し
オーストラリアのアーティストとの交流を行う
インターナショナルな取り組みです。

会場となるのは田中町の「祝砲」という酒蔵です。

PA050004.jpg


アート活動を通じて、市内にあるまだ知られていない
素晴らしい空間を発見していただこうという趣旨もあります。

「何が起こるかわからないけど、
なんとなく面白そうだから行ってみよう、
そんなノリで来て頂ければ」と加藤さんは話します。


ぴかぴか(新しい)「アートな交流」
今回、2人のアーティストとの交流が計画されています。


☆「サイモン・ワーン写真展&ワークショップ」

SimonAntarctica.jpg

サイモンワーンさんは、映像作家。
昨年の「はやぶさ」の帰還の際、南オーストラリアで
映像を撮影したアーティストです。

☆写真展は
 10月20日(木)午後6時からオープニング
  ドリンクなどを用意していますのでお気軽にご参加を!

 10月21日から27日まで展示(時間は11:00〜19:00)

☆ワークショップは10月29日(土)&30(日)
  大人向けとこども向け(親子でも可)

☆ワークショップ作品展示10月31日(月)〜11月2日(水)

場所 祝砲酒造資料館2F
      (和歌山市田中町2丁目20)



☆「ジャン・ベーカーフィンチ 動きのアート」

Jan_2.jpg

ジャン・ベーカーフィンチさんは
ドイツのシュタイナー学校で始められた
「ユーリズミー」のパフォーマー。
パントマイムとバレエとダンスを合わせたような動きを使って
即興で表現する芸術で、彼女自身も
オーストラリアのシュタイナー学校の先生です。

☆ワークショップは 11月3日(木・文化の日)
  子どもまたは親子向けと、大人向け

☆パフォーマンスは 11月5日(土)15:00〜
  テーマは「わかやま」

場所 祝砲酒造資料館2F
      (和歌山市田中町2丁目20)



「和歌山に来て、そして酒蔵という空間の中で、
いったい彼女が何を感じてどのように表現するか?
これは私にもわかりません。」

と加藤さん。

歴史的建造物とオーストラリアのアーティスト。
新しい何かが生まれそうでワクワクしますね〜。

是非、ご参加ください。

晴れワークショップ参加など詳しくはこちらをクリック!
「アートな交流公式サイト」



(画像提供=「環境文化交流会」加藤久美さん)


明日もお楽しみに!


10/11の放送はこちらからお聴きいただけます。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| ふるさとわかやまゲンキ人(2011~2015) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする