2021年08月19日

8/19放送 食品等事業者の皆様へ

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「食品等事業者の皆さまへ
営業届出制度のお知らせ

について和歌山市生活保健課安田憲朋さんに伺います。

000778212-1.jpg

000739154-2.jpg

食品衛生法改正により、食品を扱っている事業者の皆さまの中には保健所への新たな営業届出が必要となる方々がいらっしゃいます。
本日は、 新たな営業届出制度についてお知らせいたします。

Q : どのような事業者の方が対象になりますか?

例えば、お弁当などの消費期限表示がある食品や、 常温で長期間保存できない食品を販売されている方、 野菜や果物を販売されている方、 仕入れたお米の精米業を営まれている方が対象です。

他にも、 乾燥野菜やドライフルーツ等の農産保存食料品を製造されている方や、 いわゆる健康食品の製造業を営まれている方等も対象となります。

また、1回につき20食 以上のお食事を提供されている集団給食施設も対象で、 例えば介護施設でお食事の準備を外部委託されていない場合等が挙げられます。

000739154-1.jpg

000778212-2.jpg

Q: 営業届出制度が創設された目的はどんなものでしょうか?

食品衛生法の改正により、 原則すべての食品等事業者の皆様は各施設で衛生管理計画 の立案と日々の記録等が求められます。

今後、 情勢の変化等に応じたご案内を適宜差し上げる必要もあり、 市内の事業者の方々の営業状態を把握するために営業届出制度が創設され ました。

Q : 届出の期限はいつまででしょうか?

食品の扱いを今年の5月31日までに始めておられる場合は、今年の11月30日までに届出を行ってください。 これから食品の扱いを始められる場合は、営業を始める日までに届出を行ってください。

Q : 届出方法はどうなっていますか?

和歌山市内に食品を扱う施設がある場合は、
和歌山市保健所の窓口かオンラインで届出を行ってください

窓口の場合は、 和歌山市保健所の2階5番窓口にお越しください。
オンラインの場合は、 厚生労働省が運用する食品衛生等申請システムから届出を行うことが可能です。

(厚生労働省のHPはこちら☆)

Q :最後に問い合わせ先を教えてください。

和歌山市保健所 生活保健課 食品保健班にお問い合わせください。
電話番号は073-488-5111です。

営業許可を取得されている施設でも届出が必要になる場合もございますので、 届出が必要かどうか迷われた場合は、まずは電話等でお問い合わせください。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする