2021年07月06日

7/6放送 7月は「愛の血液助け合い運動月間」です

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「愛の血液助け合い運動月間」について
和歌山市総務企画課東仁美さんに伺います。

愛の血液.png


7月は、「ふみ出そう 未来をつくる 献血に」をテーマとした、
愛の血液助け合い運動月間です。


献血の必要性及び課題について

日本国内では、病気や怪我の治療のため、1日あたり約3000人の患者さんが輸血を受けていると言われています。輸血用血液は、「献血」によってしか確保することができません。輸血用血液は、医療技術が進歩した現在においても人工的に造ることができませんし、生きた細胞の集まりであるため、長期間保存することもできません。

課題は、少子化の影響により、10〜30代の若年層の献血協力者数がこの10年間で約98万人も減少していることです。

献血の種類について

献血には大きく全血献血と成分献血があります。そして全血献血には 400mL献血と、200mL献血があり、血液中のすべての成分を献血していただく方法となっています。

一方、成分献血には、血小板成分献血と血漿成分献血があり、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は、再び体内に戻す方法です。

どんな方が献血できるか

献血は、16歳から64歳までの健康な方であれば、どなたでもできます。また60歳から64歳までに献血の経験がある方については、69歳まで献血ができます。

ただし、採血基準を満たしていても、当日の体調不良、抗不整脈等の薬を服用している、一定期間内に予防接種を受けた、3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた、4週間以内に海外から帰国したなど、問診結果によっては献血できないことがあります。


新型コロナウイルス感染症予防のための対策について

 なお、赤十字血液センターでは、新型コロナウイルスの感染症予防のための対策を講じています。

献血会場の受付では、@入り口での注意喚起、A体温測定、B手指消毒、C健康状態の確認、Dマスク着用をお願いしています。
献血に従事する職員は、@健康状態の確認、A体温測定、B手指消毒、C看護師の手袋の献血者ごとの交換を行っています。
献血場所では、@機材の消毒、A換気等三密を避ける取り組みをとっています。

このように感染防止策を講じて献血を実施します。

なお、新型コロナワクチン接種された方は、1回目・2回目いずれの場合も、接種後48時間を経過していれば献血にご協力いただけます。


市民の皆様へメッセージ。

和歌山市役所正面玄関前にて、定期的に移動採血車による400mL全血献血を実施しています。
次回は、8月24日(火)に行います。献血の受付は、午前10時から正午、午後1時から午後4時30分までとなっています。

また、和歌山市保健所では、7月13日(火)の午前9時30分から午前11時30分まで、移動採血車による400ml全血献血を実施します。

☆献血は、輸血を必要としている患者さんのために、健康な人が自らの血液を無償で提供する40分でできるボランティアです。市民のみなさまには『愛の献血』への、より一層のご協力をお願い致します☆


■お問合せ先
 ・和歌山市保健所総務企画課 073−488−5108
 
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

7/5放送 熱中症予防について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「熱中症予防」について
和歌山市地域保健課 南保健センター岡崎理沙さんに伺います。

熱中症予防-1.jpg

熱中症とは?

熱中症は気温の高い環境で、水分と塩分のバランスが崩れて、 体温の調整がうまくできなくなり、 どんどん体に熱が溜まることで起こります。 「めまい」・「吐き気」、 ひどいときには、「意識障害」 といった症状が出ます。

気温などの環境の影響だけではなく、体調や暑さに慣れていないことが影響して起こります。 そして、高齢者や、 小さなお子さん、体調の悪い方は特に注意する必要があります。

高齢の方は暑さを感じにくいことや、汗をあまりかかないことから熱中症になりやすく、小さなお子さんは、体温の調節機能が十分に発達していないので注意が必要です。

熱中症予防-2.jpg

熱中症の予防についてポイント


pengin1-1.jpg

熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが大切です。
のどの渇きを感じていなくても (朝起きたときや、入浴後、寝る前など)こまめに水分補給することをこころがけてください。外出時には涼しい服装をこころがけ、日傘や帽子で日よけをしてください。

熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に発表される「熱中症警戒アラート」 など、暑さに関する情報を活用してください。 アラート発表時には不要不急の外出は避ける、 昼夜を問わずエアコン等を使用するなど、普段以上の熱中症予防行動をとっていただくようにお願いします。 屋内で過ごす時も、エアコンや扇風機を上手に活用し、 部屋の温度を28度より低く湿度は70%より低くなるように調整してください。

pengin1-2.jpg

新型コロナウイルス感染症によるポイントについて

今年も新型コロナウイルス感染症の流行によりマスクをつけて過ごす方が多いと思います。マスクを着用していると皮膚からの熱が逃げにくかったり、 喉の渇きを感じにくくなります。 意識的に、こまめに、 水分をとり、人との距離が2メートル以上確保できる場合にはマスクを外して休憩することを心がけてください。

熱中症になってしまったらどうすれば良いですか?

まずは涼しい所に移動し、衣服を緩めて、 体から熱を逃がすのを助けてあげてください。 そして、大きな血管が通る脇の下や太ももの付け根を、濡らしたタオルなどで 冷やしてあげてください。 水分が摂取できる場合は、 水分補給をしてください。できれば汗で失われた塩分も補える 「経口補水液」や 「スポーツドリンク」などがよいです。

☆症状が回復しない場合は医療機関を受診してください。

「熱中症ひとやすみどころ」について教えて下さい。

和歌山市では、各地区の支所・連絡所・コミュニティセンターなど、 市内56か所に「熱中症予防ひとやすみ所」を開設しています。 (6月~9月30日) 外出時に体調が悪くなった時などは、 お気軽にお立ちよりください。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月02日

7/2放送 イベント情報☆「図書館イベントほか」

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日はゲンキトピックス
市内で開催される行事などをご紹介します♪

図書館イベント 

hanasi.jpg
あす、7月3日(土)に和歌山市民図書館で
おはなしだいすきよっといで!」が開催されます。おはなしポンさんによるお話会です。時間は午後3時から午後3時30分までです。
(詳しくはこちら☆


eigo.jpg



そして、西分館で7月4日(日)に「えいご絵本の読み聞かせ」が行われます。時間は、午前11時から午前11時15分までです。
(詳しくはこちら☆

waku.jpg

その後、和歌山市民図書館で「ワクワクみんなのおはなし会」が行われます。時間は、午後3時から午後3時30分までです。参加券の配布は当日の午前9時からです。
(詳しくはこちら☆

また、来週7月10日(土)に、
「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」 上映会&トークイベントが行われます。

くじら.jpg

監督の藤原知之氏、太地町くじらの博物館副館長 稲森大樹氏、プロデューサーの前田和紀氏がオンラインで出演予定です。時間は、午後1時から午後4時までです。本館1階にて参加券を配布中です。
(詳しくはこちら☆

【お問い合わせ先】
和歌山市民図書館 ☎073-432-0010

ネイチャーセンターイベント

来週7月11日(日)に、四季の郷公園ネイチャーセンターで
ブルーベリー摘み取り体験」が行われます。
時間は、午前9時から午前10時30分までです。
対象は和歌山市在住の方です。
参加費は、中学生以上一人500円、小学生以下は無料です。
申込開始は7月1日(木)午前9時からで先着順での電話受付です。電話番号はネイチャーセンター・073-478-3707です。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする