2021年05月05日

5/5放送 住宅の耐震化を進めませんか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は、「住宅の耐震化」について
和歌山市住宅政策課の宮田智広さんに伺います。

R3チラシ-1.jpg

Q 和歌山市における住宅の耐震化に関する取組についてご説明願います。

現在、今後30年以内に南海トラフ地震が発生する確率は70%から80%とされています。その際、和歌山市内では最大で震度7の揺れが生じる可能性があります。

また、最新の地震調査研究推進本部の発表によると、
今後30年間に震度6弱以上の揺れが生じる確率は68%とされています。和歌山市におきましては、平成16年度より、耐震診断・耐震改修の補助事業を開始しております。現在は、耐震診断、耐震改修・耐震建替や道路に面したブロック塀の耐震対策補助事業などに取り組んでおります。

Q 具体的にいつ頃に建てられた住宅が倒壊の危険性が高いのですか?

建物の耐震基準は、昭和56年6月に見直され、更に平成12年6月に強化されています。そのため、特に昭和56年5月以前に建てられた木造住宅においては、倒壊の恐れが高いと考えられます。まずは、耐震診断により建物の耐震性を明らかにし、必要に応じ適切に補強すること
が大切になります。

Q どのような流れで進めていけばいいですか?
 
現在、和歌山市において耐震改修や耐震建替の補助制度があります。それらの補助制度を利用するには、まず、耐震診断を受け、建物の耐震性を診断する必要があります。耐震診断は、平成12年5月以前に建てられた、構造が木造で、規模が2階建て以下、延べ床面積400u以下の住宅の場合、無料で耐震診断を受けることができます。

耐震診断の結果、評点が1.0未満の場合、震度6強の地震で倒壊する可能性があると判定されたことになりますので、耐震改修工事や、建替工事を行い、住宅の耐震性を上げることが重要となります。耐震診断を受けてもらう際、昭和56年5月以前に建てられた住宅と、昭和56年6月から平成12年5月の間に建てられた住宅で必要な書類が異なります。

詳しくは、ホームページや市役所住宅政策課住宅耐震班までお問い合わせいただければと思います。

Q 最後に市民の皆様にメッセージ。

近い将来、高い確率で南海トラフ地震が発生するといわれています。まずは、耐震診断を受けていただき、住宅の耐震化をぜひ検討してみてください。

R3チラシ-2.jpg

【お問い合わせ先】
和歌山市住宅政策課 ☎︎073-435-1099


 
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

5/4放送 和歌山市職員出前講座のオンライン受講開始について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は、「和歌山市出前講座」について
和歌山市広報広聴課の伊勢田恵利子さんに伺います。

Q:出前講座とは、どういうものですか?

市民のみなさまに市政に関する理解を深めていただくとともに、市民のみなさまの要望を把握し、今後の市政運営に活用させていただくことを目的に実施しています。

Q:新型コロナウイルス感染症対策の一環として、和歌山市出前講座が今年度からオンラインで受講できるようになったのですよね。

はい。今年度から一部の講座で、オンライン受講ができるようになりました。基本的に出前講座というと職員が会場に出向いてたくさんの方の前でお話させてもらっていました。

Q:会場でもマスクの着用や消毒等の対策はとられると思いますが、新型コロナウイルス感染症に対する不安もありますよね…

そうです。そこで、大勢の人を一か所に集めることなく出前講座ができるよう、オンラインで受講できるようにしました。

Q:何名以上のグループが利用できますか?

おおむね10人以上で申込できます。参加者の方は、講師となる市職員とオンラインでつながり、パソコン等があれば、それぞれの自宅でも受けることができます。

Q:オンラインで受けられる出前講座には、どういったテーマがあるのですか?

現在、オンラインで受けられる出前講座には、18講座あります。和歌山市の統計データを紹介する講座や、マイナンバー制度、税金や高齢者福祉、和歌山市の災害や防災に関する講座、119番の仕組みと仕事というものもあります。

Q:沢山ありますね。具体的にオンライン受講の方法について教えてください。

はい。受講される方には、インターネット環境を用意していただき、WEB会議ツールのZoomを使用します。ご存じですか?

Q:はい!その場に居合わせなくても、パソコンを通じて、何人ともやりとりができるツールですよね。
パソコン、インターネット、少しハードルが高いような気しますが,,,

そうですね。私も初めは、オンラインで他の人とつながることに抵抗がありました。Zoomは誰にでも使いやすいように出来ていますし、パソコンでなくてもスマートフォンでも受けることができるんですよ。

Q:スマートフォンでも受講できるのですね。

★オンライン講座の申込は、和歌山市広報広聴課へ、メールや電話等でお申し込みください。なお、参加者の方には、Zoomに参加できる環境、パソコンやスマートフォンなどをご用意いただく必要があります。詳しくは、ホームページ(こちら☆)をご確認いただくか、広報広聴課へお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
和歌山市広報広聴課☎073-435-1009
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

5/3放送 市展について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は、「第69回 和歌山市美術展覧会」について
和歌山市文化振興課の西友里さんに伺います。
市展について.jpg

Q1 和歌山市美術展覧会とは?

 和歌山市における美術芸術の振興と鑑賞愛好の精神を高め、市民の文化水準の向上を図るために開催する、和歌山県内最大級の公募による美術展覧会で、現在、作品を募集しています。

Q2 どの部門の作品を募集していますか?

「洋画・日本画・書道・写真・彫塑・工芸・いけ花」の7部門で作品を募集しています。

Q3 出品する際の注意事項等あれば教えてください。
                          
 出品の際には、事前申込と出品料の事前納付が必要です
事前申込は今月5月12日(水)までとなっていますので、「公募開催要項・事前申込書」をお読みいただき、応募資格や作品規格等の詳細をご確認の上、お申込みください。

「公募開催要項・事前申込書」は文化振興課または和歌山市HPでもご確認いただけます。(詳しくはこちら☆

Q4 作品の搬入について教えてください。

 作品の搬入は令和3年6月5日(土曜日)、6月6日(日曜日)
午前10時から午後4時まで
、和歌山市民会館 展示室で搬入を行っていただきます。その際には、出品料を納付した「領収証書」と「出品票」をご持参ください。

また、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、搬入日当日に体調が優れない方は代理の方による搬入をお願いします。ご迷惑をおかけ致しますが、ご協力をよろしくお願いします。

Q5 市民の皆様へのメッセージ。

 皆様の作品に出会えることを心から楽しみにしています。是非、第69回 和歌山市美術展覧会にご出品をよろしくお願いいたします。

【お問い合わせ先】
和歌山市文化振興課 ☎073-435-1194
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする