2020年10月06日

10/6放送 和歌の浦フォトコンテスト開催中!

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

現在開催中の、和歌の浦フォトコンテストについて 
観光課の浅田奈実さんに伺います。

20201001105009-DocuCentre-V C4476(461480)-5118-201001105013.jpg

日本遺産”絶景の宝庫 和歌の浦”フォトコンテストとは?

和歌の浦日本遺産活用推進協議会で、日本遺産「絶景の宝庫 和歌の浦」の構成エリア及び周辺地域の魅力を広く発信するために、インスタグラムでのフォトコンテストを実施しています。応募期間は11月30日(月)までです。テーマに沿って投稿いただいた写真の中から、それぞれ10枚を入選作品として選定し、入賞者には特産品のプレゼントや写真展での作品展示を行います。

二つのテーマについて

はい、「わかのうら十景」と「撮っておきわかのうら」の二つございます。
「わかのうら十景」では、令和の今、万葉の時代には和歌にうたわれ、江戸時代には「和歌浦十景」として描かれ絶景の宝庫とされている和歌の浦で、新たな「和歌浦十景」の写真を募集しています。「撮っておきわかのうら」では、あなたが誰かにおすすめしたい和歌の浦での“撮っておき”の楽しみ方(イベントや街歩き、体験型観光などでのワンシーン)を募集しています。

応募方法

まず、写真を撮影し、Instagramをダウンロードしてください。
次に、和みわかやまをフォローし、
「#わかのうら十景」もしくは「#撮っておきのわかのうら」をつけて投稿してください。

賞品のプレゼントについて

それぞれのテーマで10名様ずつ入賞された方には和歌の浦エリアの5,000円相当の特産品をプレゼントします。応募作品は本協議会において、ホームページやパンフレットへの使用、旅行会社などへの写真データ提供など二次利用させていただく場合があります。 その場合、特に個別にお知らせすることはございませんので、あらかじめご了承下さい。また、応募状況によって、受賞作品数は変更になる場合がございますので、併せてご了承ください。

入賞者の発表

入選候補となった作品については、和歌山県公式アカウント「和みわかやま」からInstagram内ダイレクトメッセージにて直接ご連絡させていただきます。入賞者の作品は、令和3年3月上旬に、和歌の浦アート・キューブにて展示いたします。


市民の皆さんへメッセージ。

万葉の時代には刻一刻と変化する美しい情景がこのまま持ち帰りたいと和歌にも詠われ、今もなお時代を越え人々を魅了し続ける「絶景の宝庫 和歌の浦」、その魅力溢れる写真をぜひご投稿ください!

20201001105024-DocuCentre-V C4476(461480)-5119-201001105106.jpg

【お問い合わせ】
和歌山県観光振興課内 和歌の浦日本遺産活用推進協議会事務局
073-441-2424
(詳しくは⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする