2020年09月15日

9/15放送 元気70パスの使用方法について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

元気70パスの使用方法について、
和歌山市高齢者・地域福祉課の中島光貴さんに伺います。

元気70パスの使用方法

バスに乗る時に元気70パスのバスカードを、バスの乗車口付近に設置している読み取り機に、必ずタッチしてください。タッチする部分は光っていて分かりやすくなっています。バスから降りる時は、運転手さんに写真付きの老人優待利用券を必ず提示し、運転席横の運賃箱上部に設置している読み取り機に、必ずタッチしお金を払います。

p11新バスカードの使い方リーフ_page-0001.jpg
使用するときの注意点

ご本人確認のため、降車時には必ず老人優待利用券を運転手さんに提示してください。老人優待利用券をお持ちでない方が、元気70パスを利用することはできません。必ず提示を行い、正しくご利用ください。
☆「元気70パスは、老人優待利用券と
二つ一緒にケースにいれるなどして携帯し、ご活用ください。」


便利になった点
これまでの磁気カードからICカードに変わり、タッチするだけで乗り降りできるようになりました。老人優待利用券を入れているケースに、
元気70パスを入れたままタッチすると、スムーズに降りることができます。また、チャージ機能というものがついており、あらかじめカード自体に入金をしておくことで、降りる時にタッチするだけで、運賃の支払いができます。
現金を用意しなくても支払うことができるので、
とても便利になっています。


チャージができる場所

@JR和歌山駅定期券発売所
AJR紀伊駅定期券発売所
B和歌山市駅定期券発売所
C和歌浦の和歌山バス和歌山営業所

バス車内でのチャージも可能ですが、走行中の移動は大変危険な行為です。定期券発売所で事前にチャージをお済ませください。

■お問合せ先
 ・ 和歌山市 高齢者・地域福祉課
   ☎073ー435−1063
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする