2020年09月02日

9/2放送 和歌山市立博物館「写真で振り返る和歌山中央郵便局の前身『和歌山郵便局』」

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

和歌山市立博物館で開催中のホール展示
「写真で振り返る和歌山中央郵便局の
  前身『和歌山郵便局』」

について、学芸員の太田宏一さんに伺います。
 郵便局展示1.jpg

Q 開催のきっかけは?
今年の正月元旦、和歌山中央郵便局での年賀はがきの出発式に尾花市長が参加しました。そのときに郵便局に古い写真があり話題になったそうです。そのような縁があって、この3月に写真アルバム4冊が博物館に寄贈されました。その中には珍しい写真もあり、これは皆さんにみていただきたいと思い、今回の展示となりました。


Q ホール展示の内容は?
大体明治期から昭和40年代頃までの和歌山郵便局、つまり現在の和歌山中央郵便局における郵便事情を、写真を通してうかがい知ることができます。

具体的には戦前のレンガ造りの局舎から戦後の木造局舎、そのあとの鉄筋コンクリートの局舎など建物の変遷や郵便窓口業務、裏方の業務、これらは基本的には昔も今もそれほど変わらないようです。郵便の宣伝の状況、自転車隊というのがあって、昭和24年に初めて年賀郵便が発売されたときに、自転車に宣伝の幕を巻き付けて7台くらいの自転車が隊列を組んで宣伝するとか、面白いんです。テレビも普及していませんのでアナログな感じがします。また、NHKと組んで市民レクリエーションを行ったり、自然災害の中でも配達を行ったり、そこには一般社会の中に溶け込んだ郵便局というのがあったのだと思います。そのあたりを感じ取ってもらえればいいのではないでしょうか。

明治から昭和40年代までの和歌山郵便局の珍しい写真が34点、このうち初公開の写真が28点展示されます。新たな発見もあるかもしれません。この機会に、ぜひ博物館まで足をお運びください!
郵便局展示2.jpg

***********************

和歌山市立博物館ホール展示
写真で振り返る和歌山中央郵便局の前身「和歌山郵便局」
■会期 9月1日(火)〜9月27日(日)

■場所 和歌山市立博物館1階エントランスホール

■開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)

■入館料 無料

■休館日 9月7日(月)、14日(月)、23日(水)

■お問合せ先
 ・和歌山市立博物館 073−423−0003
 ・和歌山市立博物館ホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする