2020年09月01日

9/1放送 9月は「防災月間」・災害時の情報収集手段について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

9月は「防災月間」です。
災害時の情報収集手段について、
総合防災課の成輪啓史さんに伺います。
 総合防災課1.jpg

Q 災害時の情報収集手段は?
◎ 防災行政無線
屋外放送で、和歌山市の防災情報を放送しています。普段は毎日夕方5時の時報と共に夕焼け小焼けのメロディーが鳴るものです。

◎ 和歌山市防災情報メール(登録制)
主に防災放送を行う時に、登録いただいている方に放送と同じ内容のメールを送ります。メールでの配信となるので、聞き逃す心配が無く便利です。
(詳しくは⇒こちら☆

◎ 防災情報電話案内サービス
電話することで放送内容を確認できます。
 ☎ 0180−997−199 (詳しくは⇒こちら☆

他にも和歌山市ではホームページに随時防災情報を公開していますし、和歌山市公式のライン、フェイスブック、ツイッターといったSNSでも発信しています。民間の放送局では、防災行政無線放送を聞ける防災ラジオなどがあります。また、テレビ・ラジオといった普段から使用されているものも、重要な確認ツールです。


Q 「和歌山市防災情報メール」の登録方法は?
@携帯電話やパソコンから登録用アドレス(touroku@bosai-mail.city.wakayama.wakayama.jp)宛てに空メールを送る。
A登録用のURLが記載されたメールが届き、登録して完了。

※迷惑メール対策の設定などで登録用メールが受信できないことがあるのでご注意ください。
※和歌山市防災情報メールの登録のご案内は、和歌山市のホームページで紹介しています。また、総合防災課でも登録方法のチラシをお配りしています。
 総合防災課2.jpg


Q 災害の情報収集をする上で意識することは?
普段から和歌山市防災情報メールの登録など事前に情報収集手段の準備や確認をしていただき、台風や地震等の災害時に活用できるように備えておいてください。防災行政無線は屋外放送設備ですので、防災行政無線との位置関係、気象状況、周辺建物などの障害物による影響や、建物内に居ることで聞き取れないことがあります。何か放送が聞こえた時は、その他の情報収集手段もいくつか併用して情報を収集していただきたいと思います。


Q 市民の皆さまへ
これから、9月10月とまだまだ台風の危険性の高い時期が続きます。情報収集手段はたくさんありますが、市民の皆様には、ご自身に合う情報収集手段をいくつか準備しこれからの災害に備えていただきたいと思います。


お問合せ先
 ・和歌山市総合防災課 073ー435−1199
 ・和歌山市ホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする