2020年09月30日

9/30放送 地域ささえ愛商品券について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

地域ささえ愛商品券について
和歌山市 産業政策課の小田圭祐さんに伺います。

main_visual.jpg

Q:「和歌山市地域ささえ愛商品券」とは?

新型コロナウイルス感染症による影響を受けている市民の皆様、事業者の民様を支援する目的で、10月中に配布を予定している商品券です。令和2年8月12日時点で和歌山市の住民基本台帳に記録されている方を対象に、1,000円券を3枚、合計3,000円分の商品券を配布予定です。

Q:地域ささえ愛商品券をもらうには?

地域ささえ愛商品券は対象の方すべてに郵送でお送りしますので、申請などの必要はありません。対象の方には世帯人数分をまとめて世帯主宛にお送りします。

Q:地域ささえ愛商品券は、どこで使用できますか?

登録された市内1,400ヶ所以上のお店で使えます。大型店だけでなく、商店街などの個人商店も数多く、様々な業種が揃っています。商品券を使えるお店は、地域ささえ愛商品券の専用ホームページで公開しているほか、店頭のポスターやステッカーでご確認いただけます。

Q:地域ささえ愛商品券を使用する際に、気を付けることはありますか?

商品券の使用期限は、来年令和3年2月14日(日曜日)です。期限を過ぎますと、商品券を使用することはできなくなります。
商品券は1,000円券の3枚つづりです。商品券を使う際には、綴りから切り離さずにお店に渡してください。
店舗によって商品券を使用できる商品・サービス・期間等に制限をしている場合がありますので、詳細については各店舗にご確認ください。また、商品券使用の際、お釣りは出ませんのでご注意ください。

giftcard1.png

giftcard2.png

Q:市民の皆さんへメッセージ。

地域ささえ愛商品券は、市民の皆様と事業者の皆様を支援するためのものです。なじみのお店で使用したり、これを機に行ってみたかったお店に行ってみたりと使い方は様々ですが、ぜひ積極的にご活用いただきますよう、お願いします。

【お問い合わせ】
和歌山市 産業政策課 ☎073−435−1232
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

9/29放送 混雑ランプの導入について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

混雑ランプについて
和歌山市 広報広聴課の大家純平さんに伺います。

混雑ランプの導入の経緯は?

まず、日ごろから混雑による窓口での待ち時間が長いという苦情や・不満のお声があり、それらを少しでも解消したいということがありました。
また、現在のコロナ禍の状況もあり、新型コロナウイルス感染症の蔓延防止策の一つとして、市役所本庁舎1階・東庁舎1階・2階、各サービスセンターの窓口の混雑状況をお伝えする「混雑ランプ」を導入しました。

混雑ランプはどのようなものですか?

混雑ランプは信号のように、青色、黄色、赤色で市役所の窓口の混雑状況を表しています。例えば、青色は「空き」の状態、待ち時間が約20分未満となります。黄色は「やや混み」の状態待ち時間が20分以上となります。赤色は「混み」の状態、待ち時間が60分以上となります。

使用方法は?

パソコンやスマートフォンなどをお持ちの方は、ご自宅や外出先で、いつでもどこでも市のホームページから混雑状況を確認できます。市のホームページやLINE公式アカウントのメニュ―にもページへの入り口(リンク)を設置しています。密を避ける生活に、ぜひお役立て下さい。

市民の皆さんへメッセージ。

今後も、IT・ICTを積極的に活用し、市民のみなさまの暮らしに役立つ情報発信を充実させ、もっと便利な市役所を目指していきたいと思います。


【お問い合わせ】
和歌山市 広報広聴課 ☎073−435−1009
また、和歌山市のホームページをご覧ください。(詳しくはこちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

9/28放送 保育こども園課のお仕事

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

保育こども園課のお仕事について、
杉谷紀夫さんに伺います。

IMG_4037.jpg

Q:保育こども園課ではどのようなお仕事をしていますか?

市役所東庁舎2階にあります保育こども園課では、子どもの教育・保育に関わる業務を行なっています。保育こども園課には、市役所内の保育子ども園課と市内にある公立保育所14カ所、認定こども園2カ所が所属しています。保育こども園課窓口では、子どもの教育、保育の支給認定申請、保育施設の申し込みなどの受付業務を行なっています。各保育所、認定こども園では保護者の皆様から大切なお子様をお預かりし、生活全般のお世話をしながら心身の発達を促し、社会性を養い、基本的な生活習慣を身につけられるように支援しています。子ども達が日々楽しくいきいき過ごせるように工夫して保育を行なっています。

Q:杉谷さんのお仕事は?

私は認定こども園本町こども園でクラス担任として保育業務を行なっています。子ども達の保育計画立案、日々の保育業務、環境整備、行事担当などを行なっています。

Q:仕事を行う上で心掛けていることはなんですか?

子どもの命を保護者から預かっているという意識を持って、怪我なく安全に過ごせるように心掛けています。もしも体調に変化があった場合は、保護者に細かいことでも伝えて情報を共有するようにしています。子どもと接する上では、子どもの主体性を大切にし、子どもの言葉をよく聞いて気持ちを受け止めることで信頼関係を築けるように心掛けています。

Q:市民のみなさまへメッセージ。

日々、子ども達や保護者の皆様が安心して生活できるように丁寧に保育業務を行なっていきたいと思います。これから保育所・認定こども園を利用される子ども達や保護者の皆様とお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

【お問い合わせ】
和歌山市 保育子ども園課 ☎073−435−1064
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする