2020年01月16日

1/16放送 川永地区・県営川永団地 自治協議会の活動

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は川永地区をご紹介!
県営川永団地・自治協議会の会長、
流川壽雄さんにお聞きします。
流川さん1.JPG

■主な活動
旅行(春・秋)

カラオケ大会(週5回):
 とても回数が多いですが、お年寄りに、
 外へ出るきっかけにしてもらうとともに
 大きな声を出すことで健康に過ごしてもらおうと
 開催しています。毎回約25人が参加しているそう。

にこにこ健康体操(毎週水曜):
 血圧測定の後、座ってできる体操に取り組んでいます。

ふれあい食事会(年5回):
 ボランティアによる落語や歌、腹話術などを鑑賞し、
 みんなで弁当を食べます。
 流川さん2.JPG
昭和4年生まれ、現在90歳の流川さんは、
地元の小学生に戦争体験を語る活動もしています。
「今の子どもたちとは価値観が違いますが、
当時の服装や食べ物について興味を持って
質問してくれます」とやりがいを感じているそう。

また、去年(2019年)和歌山県で開催された
ねんりんピックには「健康マージャン」に全国最高齢で
出場するなど活力に溢れています!

「団地の高齢化が進んでいるので、会員の健康を第一に、
集まる機会を多くつくろうと考えています」
と話してくださいました☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする