2019年12月09日

12/9放送 「市民防災大学」参加者募集について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

月曜日は「暮らしのゲンキ」。
来年1月に開催される「市民防災大学」について、
地域安全課の田中義久さんにお聞きします。

 市民防災大学
■日時:令和2年1月19日(日)
      13:30〜16:30

■場所:和歌山市消防庁舎3階 多目的ホール

■対象:和歌山市内在住や勤務されている方

■申込み:必要(先着100名・1月10日締切)

■参加費:無料

※駐車場は会場周辺の駐車場をご利用ください。


Q 市民防災大学とは?
 市民を対象に、防災に関する知識を普及し、
 災害への備えや災害時の行動力を身につけて
 いただく
ため、毎年「防災とボランティア週間」に
 あわせて開催している防災講座です。

Q 今回の内容は?
 @元岩手県遠野市婦人消防協力隊、松田富子さんに
  『東日本大震災で生まれた絆』というテーマで、
  発災直後の活動についてお話しいただきます。

 A片男波自治会長、玉置成夫さんに
  『地域での要援護者支援への取り組みと防災意識』
  というテーマでお話しいただきます。

Q 申込み方法は?
 郵便番号、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
 ハガキ・FAX・Eメールで和歌山市役所地域安全課
 または、和歌山市消防協会へお申し込みください。
 先着100名で、申し込み期限は
 12月10日(火)〜1月10日(金)です。


 ■和歌山市地域安全課 073−435−1005
 ■和歌山市消防協会  073−499−4579

Q 市民の皆さんにメッセージを!
 和歌山市では南海トラフ地震など大きな地震が近い将来
 起こると言われています。また、風水害についても、
 近年は我々の想像以上の規模で発生しています。
 災害に関する知識を身につけ、いざという時に十分な
 対策が取れるよう、ぜひ市民防災大学にご参加ください!
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする