2019年12月18日

12/18放送 ノロウイルスによる食中毒の予防について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

水曜日は暮らしのゲンキ。
ノロウイルスによる食中毒の予防について、
生活保健課の藤田緑さんにお聞きします。
 ノロウイルス注意1.png
Q ノロウイルスについて
 ノロウイルスによる食中毒は、一年を通して
 発生していますが、特に冬場に流行します。
 例年11月くらいから発生件数が増加しはじめ、
 1月〜2月が発生のピークになる傾向があります。
 感染力が強く、非常に少量のウイルスでも食中毒を
 起こします。
全国で1年間に発生する食中毒患者の
 約半数はノロウイルスによるものです。

Q ノロウイルスの症状は?
 感染すると、24〜48時間で吐き気、嘔吐、下痢、
 腹痛、微熱
などの症状が見られます。通常は発症から
 1〜2日で回復。感染しても発症しない場合や
 軽い風邪のような症状の場合もあります。
 ただし、免疫力の弱い子どもや高齢者などでは
 重症化したり、吐物を誤って気道に詰まらせて
 死亡することがあります。
 また、下痢等の症状がなくなっても、通常は1週間程度、
 長いときには1ヶ月程度ウイルスの排泄が続くことが
 あります。症状が改善した後も、しばらくの間は
 感染を拡げる可能性があります
ので注意が必要です。

Q 感染経路は?
 ◎ウイルスの蓄積した二枚貝などを
  生または加熱不十分な状態で食べた場合
 ◎感染した人が調理し汚染された食品を食べた場合
 ◎患者の便や嘔吐物から人の手などを介して、
  ウイルスが口に入り感染する場合
 ◎家庭や施設内などでの飛沫などにより感染する場合
 などがあります。
 ノロウイルス注意2.png
Q ノロウイルスによる食中毒を予防するためには?
 ◎加熱して食べる食材は中心部までしっかりと火を通す
  中心部を85〜90℃で90秒以上加熱することで、
  ウイルスを失活させることが出来ます。

 ◎調理器具や調理台は「消毒」し、いつも清潔にする
  消毒用アルコールはあまり有効ではありません。
  ノロウイルスを完全になくすためには、
  塩素系漂白剤を使用するか、85℃以上の熱湯で
  1分以上の加熱が有効です。
 
 ◎「手洗い」をしっかり行う
  手洗いの徹底は、すべての食中毒予防の基本です。
  調理を行う前、食事の前、トイレの後、
  患者の汚物処理やオムツ交換を行った後は
  石鹸でよく手を洗い、流水で十分に流しましょう。
 手洗い手順.png
 冬場は特に「ノロウイルス」による食中毒と感染症が
 多発します。正しい知識でしっかり予防しましょう!

■お問合せ先:
 ・和歌山市保健所 生活保健課 食品保健班
   073−488−5111
 ・和歌山市感染症情報センター(感染性胃腸炎)
  のページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

12/17放送 野崎地区・地区の活動について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は野崎地区をご紹介します。
野崎北自治会の会長、小林邦多さんと、
野崎南自治会の会長、植野正一さんにお聞きします。
 野崎1.JPG
野崎北自治会野崎南自治会では、
3世代交流を目的とした「夏祭り」や、
お年寄りが交流する「野崎カフェ」「野崎サロン」を
開催しているほか、例年約400人が参加する
地区全体の防災訓練にも協力しています。
 野崎3.JPG
 (野崎南自治会・植野会長)

そして、今月「お餅つき大会」を開催!
 ◎日時:令和元年12月22日(日)10時〜
 ◎場所:野崎八幡神社境内

5年ほど前から実施しているイベントで、杵と臼を使い、
昔ながらの餅つきを子どもたちに体験してもらいます。
小林さんは、「子どもたちに喜んでもらいたいし、
住民同士が話をしたり交流するきっかけになれば」と
意気込んでいます!
 野崎2.JPG
 (野崎北自治会・小林会長)

木曜日の「まちかど通信」では、
「お餅つき大会」についてさらに詳しく伺います♪
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

12/16放送 「年末火災特別警戒」について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

月曜日は暮らしのゲンキ。12月15日から始まった
「年末火災特別警戒」について、
和歌山市消防局予防課の生駒悦也さんにお聞きします。
 1216年末火災特別警戒.JPG
Q 「年末火災特別警戒」とは?
 年末は火の取り扱いが増え、師走の慌ただしさによる
 不注意から火災の発生が懸念され、また、この時季は
 空気が乾燥して風も強く、火災の起こりやすい季節です。

 消防局では、火災の発生を未然に防ぎ、市民の皆さんに
 「防火の意識」を高めてもらうために、
 12月15日から31日の間、
 「年末火災特別警戒」を実施します。


Q 和歌山市消防局の取り組みは?
 消防車両が市内を巡回し、防火広報を行います。
 また、ホームページや広報誌、SNSなどで
 防火に関する注意事項等を呼びかけ、火災予防を
 周知したり、懸垂幕やのぼりを掲出し、
 防火意識の高揚を図ったり、建物の消防検査を行い、
 防火対策の徹底を図ります。

Q 「放火」対策はありますか?
 ここ数年「放火」が火災原因の上位を占めています。

【 放火対策 】
 @家の周りに新聞や雑誌等、燃えやすい物を置かない
 Aゴミは、決められた日の決められた時間に出す
 B自転車、バイクのカゴ等に燃えやすい物を放置しない
 C夜間や外出時は門扉、車庫等を必ず施錠する

Q 市民の皆さんにメッセージを!
 もう一度、身の回りのチェックを行い、火災予防を
 心がけ、火災のない楽しい年末年始としましょう!

■お問合せ先:
 ・和歌山市消防局予防課 073−427−0119
 ・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする