2019年12月23日

12/23放送 年末年始の救急医療体制について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

月曜日は「暮らしのゲンキ」。
年末年始の救急医療体制について、
総務企画課の岩垣孝一郎さんにお聞きします。

Q 年末年始、急な病気などで病院を受診したい場合は?
 和歌山市では、和歌山市保健所に併設されている
 「和歌山市夜間・休日応急診療センター」で、
 内科・小児科・耳鼻咽喉科・歯科の診療を受けることが
 できます。

Q 応急診療センターの診療時間などは?
 12月29日(日)から年末年始の体制となります。
 基本的には、お昼の診療が10:00〜17:00
 夜間の診療が、19:00〜翌6:00
ですが、
 診療を行っていない時間帯や診療科目がありますので、
 詳しくは、和歌山市のホームページか
 市報わかやま12月号でご確認ください。
 なお、予約なしで直接お越しいただけます。

Q 怪我をした場合は?
 応急診療センターでは外科の診療は行っていません。
 内科・小児科・耳鼻咽喉科・歯科、以外で診療が
 必要な場合は「和歌山県救急医療情報センター」
 ご連絡をお願いします。
 電話番号は073−426−1199です。

Q 救急医療情報センターとは?
 最寄りの医療機関を24時間365日体制で案内して
 います。
救急車を呼ぶほどではないけれど
 病院で診てもらいたい場合にご利用ください。

 また、お子さんが急病になり
 病院を受診するべきか判断に迷った場合は、
 「こども救急相談ダイヤル」をご利用ください。
 電話番号は携帯電話かプッシュ回線で#8000番、
 または073−431−8000です。
 看護師さんやお医者さんが相談に応じます。

風邪などで体調を崩した場合は、
 夜間・休日応急診療センターを受診する。

怪我など、その他の診療が必要な場合は、
 救急医療情報センターで病院を紹介してもらう。


《問合わせ先》
■和歌山市夜間・休日応急診療センター
  073−425−8181

■和歌山県救急医療情報センター
  073−426−1199

■こども救急相談ダイヤル
  073−431−8000

■和歌山市保健所 総務企画課 健康危機管理班
  073−488−5109

■和歌山市の年末年始の対応一覧(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

12/20放送 イベント情報☆「フェスタ・ルーチェ」開催中 ほか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

金曜日は「ゲンキトピックス」。週末の行事をご紹介♪

12月21日(土)、JR和歌山駅前けやき大通りの
 歩道で、和歌山駅前手づくり市場(マーケット)
 行われます。
 手づくりマーケット.jpg
 オリジナル雑貨やアート作品を製作する
 ハンドメイドショップが集結。
 時間は午前9時半から午後3時半までです。check!

12月22日(日)、
 和歌山市手平の和歌山ビッグ愛1階展示ホールで、
 「親子クリスマスのつどい」が開催されます。
 1222親子クリスマスのつどい.jpg
 病気や障害のある子どもの子育て相談や、
 親子で参加できる工作体験など、イベント盛りだくさん
 です。時間は午前11時から午後3時までで、
 入場無料です。check!

12月22日(日)、和歌山市民会館大ホールで、
 劇団カッパ座「オズのまほうつかい」が上演されます。
 1222カッパ座.jpg
 大阪富田林市を拠点に全国で活動する等身大人形劇団の、
 和歌山公演です。開演は午後1時で、入場料は、
 3歳〜小学生1500円、中学生以上2500円。check!

和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパでは、
 来年(2020年)3月1日まで、「フェスタ・ルーチェ
 〜本当のクリスマスに出逢える場所〜」
を開催中
です。
 1102〜0301フェスタルーチェ.jpg
 クリスマスマーケットやプロジェクションマッピングなど、
 期間限定のイベントも楽しめる光のフェスティバル。
 時間は午後5時から9時までで、12月25日までの
 「クリスマスウィーク」は午後10時まで開催
check!
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

12/19放送 野崎地区・「お餅つき大会」について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信、今週は野崎地区をご紹介しています。
火曜日に引き続き、野崎北自治会の会長、小林邦多さん
野崎南自治会の会長、植野正一さんにお聞きします。
 野崎4.jpg
 (左から 植野さん、小林さん)

 お餅つき大会
◎日時:令和元年12月22日(日)10時〜
◎場所:野崎八幡神社 境内

臼や杵を使い、昔ながらの餅つきを子どもたちに
体験してもらおうと約5年前から開催しています。

杵は大小3種類を用意し、小さい子どもから大人まで
使いやすいように工夫しています。
1人で何度も餅をつきに来る小中学生がいたり、
写真撮影をする親子がいたりと、
それぞれに楽しんでいるそうです♪

つき終えた餅は、まず野崎八幡神社にお供え。
参加者は、シンプルな白餅のほか、きな粉をつけたり、
刻み柚子を入れた大根おろしをつけたりして
つきたての餅を堪能します。
当日は約37キロ、約12臼分の米を使い、
米を蒸す火で焼き芋もするそうです。
 野崎5.JPG
イベントは、40人以上のボランティアで支えられて
います。終了後にボランティアだけで集合写真を撮り、
植野さんが特製カレンダーに仕上げてプレゼントする
という粋な計らいも!

小林さんは「子ども中心のイベントですが、お年寄りにも
立ち寄ってもらい話をするきっかけにしてほしい。
地域活性化にもなれば
」と話して下さいました☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする