2019年11月19日

11/19放送 名草地区・地域安全推進員会@地域の安全

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信、今週は名草地区をご紹介します。
名草地区地域安全推進員会の会長、
松井道夫さんに伺います。
松井さん1.jpg
【名草地区の特徴】
 8000世帯・1万8000人と人口は市内上位。
 紀三井寺や和歌山マリーナシティ等の観光資源や、
 JR紀三井寺駅、県立医科大学病院、紀三井寺公園の
 競技場等の施設も多いほか、主要な道路が南北に縦貫し、
 人の出入りが多いだけに、事件事故も多い地区です。

【名草地区地域安全推進員会】
 8地区(紀三井寺団地・毛見・内原・内原団地
 布引・紀三井寺・三葛・旭橋)の約65名で構成。

 ◎JR紀三井寺駅クリーン作戦
  (月1回、通勤通学の時間帯に実施)
  ・自転車やバイク等の盗難防止対策
  ・放置自転車の整理、撤去
  ・マナーアップ、声掛け
  ・防犯啓発チラシの配布

 ◎登下校の見守り活動

 ◎夜間パトロール
  ・紀三井寺(8月の千日詣)
  ・浜の宮海水浴場(夏季)
  ・年末特別警戒

 ◎JR紀三井寺駅東口の美化活動

 ◎青パトによる防犯啓発活動
 松井さん5.jpg
JR紀三井寺駅西口には広い駐輪場があります。
かつてはスペースが狭く駐輪場に入りきらない自転車が
溢れたり点字ブロックを覆ってしまっていたそうですが、
会の要望もあり平成29年に現在の駐輪場が完成。
自転車のはみ出しもなくなり景観も良くなったそうです!
 松井さん2.JPG
松井さんは、
「今後の課題は、会員の高齢化と新規入会者が少ないこと。
 『破れ窓理論』にあるように、
 綺麗にすることで少しでも犯罪のない街にしたい」
と話してくださいました☆
 松井さん4.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする