2019年11月14日

11/14放送 新南地区・自主防災会の防災訓練

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信、今週は新南地区をご紹介しています。
新南地区自主防災会の副会長、野上泰司郎さん
お聞きします。
 野上さん1.jpg
 ◎新南地区自主防災会 防災訓練
■日時: 令和元年11月16日(土)午前8時半〜
■場所: 新南小学校運動場など
■参加人数: 約200人
■訓練想定:
『令和元年11月16日(土)午前8時半頃、
 南海トラフ巨大地震の発生により和歌山市で
 震度6強〜7強を観測、大津波警報が発令された。

 地震により電気・ガス・水道等のライフラインが停止。
 防災行政無線等で市民に対し避難指示が出された。』
 野上さん3.jpg
 各単位自治会ごとの一時集合場所に避難した後、
 午前9時に新南小学校の運動場に集合。ここでは、
 消防署や和歌山市地域安全課、県内の病院などの
 協力を得て様々な体験メニューを実施します。

 ・消火器の取り扱い訓練
 ・防災DVDの鑑賞
 ・AED(自動体外式除細動器)体験
 ・三角巾を使った応急処置体験
 ・血圧測定 / 健康相談
 ・新聞紙でのポータブルトイレ&スリッパ作成
 ・炊き出し(豚汁)
 ・子ども用消防服の着用体験 など
 野上さん2.jpg
「隣近所とのお付き合いが『共助』に繋がる。
 災害はあってはならないことだが、
 訓練をしておけば必ず役に立つことがあるので、
 特に30代から40代くらいの若い人に
 参加してほしい」
と話して下さいました!
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする