2019年11月05日

11/5放送 インフルエンザの予防

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は暮らしのゲンキお送りします。
インフルエンザの予防について、
総務企画課の卯辰暢子さんにお聞きします。
 インフルエンザ1.png
Q 今年のインフルエンザの流行状況は?
 全国的に、流行入りする地域が増えてきています。
 和歌山市では今のところ発生は報告されていません。
 例年であれば、12月頃から流行入りします。

Q 今年流行すると思われるインフルエンザの種類は?
 全国で、今のところA型のH1N1pdm09が
 多く報告されています。毎年流行する型の1つですが、
 今後A香港型やB型も流行する可能性はあります。

Q インフルエンザにかからない・拡げないためには?
「手洗い」
 インフルエンザは、感染している人から、
 電車のつり革やドアノブ等を介して、他の人の手に
 ウイルスが付き、口から鼻に取り込んで感染するので、
 手に付着したウイルスを落とすために、
 こまめに手洗いをすることが予防につながります。

 外出後・トイレの後・食事前など、必ず石けんで
 手を洗いましょう。水をぬらすだけではなく、
 ウイルスを落とすために、石けんを泡立てて、
 20秒〜30秒くらい時間をかけ丁寧に洗いましょう。

 インフルエンザ2.png
「マスク(咳エチケット)」
 咳をするとウイルスを含んだ唾が約1〜2m飛びます。
 咳やくしゃみがある人は、周囲の人にうつさないよう、
 しっかりマスクを着用するようにしましょう。


◎その他…
 「予防接種」「十分な休養とバランスのとれた食事」
 「適度な湿度に保つこと」「こまめな換気」

 
Q 特に注意が必要な人は?
 高齢者や子ども、基礎疾患がある人は
 インフルエンザにかかると重症化するおそれが
 ありますので特に注意が必要です。

Q 和歌山市の啓発活動は?
 和歌山市内では、今年も11月から3月まで
 インフルエンザの啓発ラッピングバス
 (オレンジ色1台とピンク色1台)が走っています。
 見かけた方に「帰ったら手洗いをしよう」
 「咳がでてきたのでマスク」をしようと
 思っていただけたらと思います。

Q 和歌山市内の流行状況を知るには?
 「和歌山市感染症情報センター」のホームページ
 (⇒こちら☆)で随時提供しています。

Q 市民の皆さんにメッセージを!
 インフルエンザは、「手洗い」で予防して、
 かかったら「マスク」をする。予防のためには
 「かからない」「うつさない」という気持ちが
 大切ですので、みんなで一緒に心がけましょう。

■お問合せ先:
 和歌山市保健所 総務企画課 健康危機管理班
 073−488−5109
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする