2019年08月21日

8/21放送 紀州徳川家入国400年 その6・雑賀衆と鷺ノ森遺跡

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日はシリーズ「紀州徳川家入国400周年」の6回目
8月24日(土)から和歌山市立博物館で始まる
夏季特別展雑賀衆と鷺ノ森遺跡〜紀州の戦国〜」
について、学芸員の小橋勇介さんにお聞きします。
 雑賀衆展.jpg

 和歌山市立伏虎義務教育学校の建設にあたり、
 2012年から2015年にかけて
 「鷺ノ森遺跡」の大規模な発掘調査が行われました。
 その際、戦国時代末期から江戸時代初期まで
 鷺森御坊(鷺森別院)を防御するために掘られたと
 みられる最大幅16・9mの堀跡を発見。
 今回、調査の成果を紹介するとともに、
 同時代に活躍した雑賀衆に関する資料など
 あわせて116件を展示します。


☆展示の見どころ☆
 @鷺森寺内の堀に架かっていた橋の橋脚
  (長さ1・7m、直径30cm)の実物。
  当時の様子を再現します。迫力あり!

 A瀬戸内海の海賊「村上水軍」から雑賀衆に渡された
  航行許可の旗「過所船旗」。国の重要文化財!
 雑賀衆展2.jpg
夏季特別展「雑賀衆と鷺ノ森遺跡〜紀州の戦国」
■期間:8月24日(土)〜9月29日(日)
■時間:9:00〜17:00(入館は16:30)
■休館日:8月26日(月)/9月2日(月)/
     9月9日(月)/17日(火)/24日(火)
■入館料:一般・大学生400円、高校生以下無料
■イベント多数!
  期間中、展示解説やフィールドワーク、
  専門家による講演会なども予定されています。

国際博物館会議京都大会開催記念イベント
 ◎9月8日(日)13:00〜@博物館玄関ホール
  ・「孫市の会」による火縄銃実演
  ・「黒潮躍虎太鼓保存会」による和太鼓演奏
 ◎9月7日(土)・8日(日)は入館無料!
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする