2019年08月30日

8/30放送 イベント情報☆「NPO・ボランティアフェスタ」ほか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

金曜日はゲンキトピックス。
週末から来週にかけての行事をご紹介♪

◆8月31日(土)、
 和歌山市本町2丁目のフォルテワジマ6階、
 「和歌山市地域フロンティアセンター」で、
 「第16回和歌山市NPO・ボランティアフェスタ」
 が開催されます。
 ボランティア.png
 ステージイベントや体験コーナーを通して、
 市内のNPOやボランティア団体の活動を紹介します。
 正午から午後3時半までで、入場無料。check!

◆9月3日(火)、
 和歌山市手平の和歌山ビッグ愛大ホールで、
 和歌山商工会議所青年部主催の「YEG EXPO」
 開催されます。県内の若手経営者が集まる、
 業種を超えた展示商談会で、講演会もあります。
 午前10時から午後5時までで、入場無料。check!

◆9月6日(金)、和歌山市民会館小ホールで、
 「和歌山市高齢者保健福祉振興大会」が行われます。
 高齢者大会.png
 開演は午後1時で、はじめに、豊かで活力のある
 長寿社会の実現に向けて功績のあった人に対する表彰が
 行われたあと、落語家の桂文福さんが
 「笑う門には福祉あり〜楽しく笑って長生き人生〜」
 と題して講演します。入場無料です。check!

◆9月6日(金)、和歌山市民会館1階市民ホールで、
 「福祉のしごと就職相談会」が開催されます。
 福祉就職相談会.png
 福祉・介護・保育分野への就職を希望する人が対象の
 相談会で、社会福祉施設などと直接面談できます。
 午後1時から2時半までで、入場無料。check!
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

8/29放送 岡崎地区・地域安全推進員会の活動

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は岡崎地区をご紹介しています。
岡崎地区地域安全推進員会の活動について
会長の新谷肇さんにお聞きします。
 岡崎5.JPG
メンバーは、地区内14自治会の代表36人と
有志による「子どもを守る会」11人の総勢50人。

登下校の見守り
 岡崎11.jpg
 揃いのベストを着用し、有志が毎日、
 交差点や暗い道に立っています。
「普段は言葉を交わさなくても、時々、
 『おじちゃん、昨日いなかったね』と
 声をかけてくれるなど、子どもたちの
 可愛らしさが励みになっている」といいます。
 岡崎12.JPG

報告会
 年に1回、各種団体が集う総会に和歌山東警察署員を招き
 管内の事件事故の現状を共有しています。
 岡崎3.JPG
イベント警備
 ・5〜8月の毎月、児童公園で行われる夜店
 ・年1回の防災訓練
 岡崎6.JPG
「住民同士の声掛けで犯罪を防げると思う。
 発足当初から会員の数が減ってきているので
 ぜひ活動に参加してほしい」と話してくださいました!
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

8/28放送 自殺予防の取り組みについて

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

水曜日は暮らしのゲンキ。
今日は、自殺予防のための取り組みについて
保健対策課こころの健康対策班の
林実香さんにお聞きします。
 自殺予防1.jpg
和歌山市では、
平成22年度から「自殺対策事業」を展開しており、
昨年度は「和歌山市いのち支える自殺対策計画」を策定、
全庁的に「生きることの包括的な支援」に取組んでいます。
保健対策課こころの健康対策班で実施している
主な自殺対策事業は、うつ病夜間相談、普及啓発事業、
若年層対策事業、人材養成事業などです。

■日本の自殺の現状■
日本の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は
世界的にも高い数値を示している中、
近年、自殺者数は減少傾向にありますが、
10代後半〜30代の死亡原因の第1位は自殺であり、
若年層の自殺は依然深刻な問題となっています。
特に、18歳以下の自殺をめぐる状況については、
新学期の始まる4月上旬や、
9月1日をピークとした8月下旬から9月上旬など、
学校の長期休暇明け直後に自殺者数が増える傾向。

国は自殺対策基本法の中で、9月に「自殺予防週間」
設け、これに合わせた取組みも実施しています。

多感な思春期には、環境の変化に対して
気持ちや感情が揺れ動きやすくなっています。
大人は子どもを無理に学校へ行かせるのではなく、
その子の揺れに寄り添い一緒に考えてあげる姿勢が
大事だと言われています。
 自殺予防2.jpg
■主な取り組み■
◇8月5日に、「児童・生徒のいのちを守るために、
 私たちができること〜自殺予防を子どもに伝える〜」
 というテーマで、教職員をはじめ、医療・保健・
 福祉等に携わる専門職の方を対象とした研修会を実施。

いのちをつなぐポスターコンクールを毎年実施。
 命の尊さ・人とのつながりの大切さが伝わる
 絵画作品を募集し、寄せられた作品の中から各賞を決定。
 市長賞に選ばれた作品は、翌年の自殺予防啓発ポスターに。
 昨年は94作品の応募がありました。

 今年も作品募集中!締め切りは9月30日(月)です。
 興味のある方はこころの健康対策班までお電話、
 または和歌山市のホームページをご確認ください。
 (⇒こちら☆

和歌山市保健所では年間を通じて、
 様々なこころの健康に関する相談を受け付けています。

 ◎相談員や保健師による相談:随時
 ◎精神科医による相談(予約制):
   毎月第2水曜日の夜間
   毎月第1水曜日と第3金曜日の日中

■お問合せ&相談のご予約■
  和歌山市保健所 保健対策課 こころの健康対策班
  073−488−5117
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする