2019年06月06日

6/6放送 城北地区・キャノンフォトクラブ和歌山

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は城北地区をご紹介しています。
城北地区連合自治会の副会長で
「キャノンフォトクラブ和歌山」新井達男さん
日頃の活動についてお聞きします。
新井さん1.jpg

新井さんは定年を前にした58歳頃、
何か趣味を見つけようと写真を始めました。
「孫市まつり」や「和歌祭」「紀州よさこい祭り」など
和歌山の祭りを中心に撮影しているそうです。

「シャッターを切ったあとモニターを確認し、
 孫市まつりで火縄銃を打つ瞬間など、一瞬を
 うまく捉えられていたときが一番楽しい
」と、
すっかりハマって早20年。
新井さん2.jpg

そして去年(2018年)、日本きもの連盟主催の
「第20回きもの姿ほのぼのフォトコンテスト」で
全国2200点以上の作品の中から見事、
最高位の「大賞・文部科学大臣賞」を受賞!
新井さん4.jpg
タイトルは「うれしいひなまつり」。
おととし(2017年)の3月3日に、
大阪・富田林市の町家街で
着物姿の女性や子どもたちを撮影した一枚。
新井さんの要望に元気に飛び跳ねてみせる男の子の
周りには笑顔が溢れ、ほのぼのした気持ちになりますね

「べっぴんさんを撮るのが大好き!」という新井さん。
これからも素敵な写真を楽しみにしています♪

新井さん3.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする