2019年05月22日

5/22放送 防災学習センターについて

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

和歌山市消防局3階の「防災学習センター」について
予防課の生駒悦也さんにお聞きします。

「防災学習センター」は、
「見て・聞いて・体験して、学習しよう」をテーマに
災害への危機意識を促し、防災意識の高揚を図る
体験型の学習施設です。

◇災害体感シアター
 防災センター1-2.JPG
 床面を重低音で振動させるボディソニック装置と、
 6方向からなる送風装置、
 5プラス1チャンネルの音響装置、
 150インチの大型スクリーンによる大迫力映像で
 地震や風水害を体感できます!

 人体に無害な煙の中で
 避難を体験できるコーナーもあります。

◇初期消火体験コーナー
 センサー式の訓練用消火器を使って、
 画面に映し出される天ぷら鍋火災の初期消火を
 ゲーム感覚で体験できます。わたしも挑戦。
 防災センター3-2.jpg
 『火災発生!』消火スタート!
 「え?え?右手でレバーを持って、
  左手でノズルを持って…あれ?うまくできない!!」
 (画面のメーターを見ると)
 「あれ、もうすぐ消火剤がなくなるんだけど…💦
  きゃー!どうしよう💦」
 『鎮火できませんでした』「え…💧」
 これでは逃げるしかありません。

 4回目でようやくクリアしました。(ホッ)
 防災センター4-2.jpg
 
 本当に目の前で火災が起きたら、
 冷静に対処できるでしょうか!?
 しかも、サイズによりますが、実際の消火器から
 消火剤を噴射できるのはたったの10秒程度。
 そもそも消火器がないと天ぷら火災には対応できません。
 まずは家庭に1本備えるところから始めましょう。

◇防災グッズコーナー リニューアル!
 防災センター7-2.jpg
 💡「家庭で備えるもの」「避難時に役立つもの」など
 テーマごとに紹介しています。
 手動発電ライトや組み立て式トイレ、多様な保存食、
 水に浮くリュック、ソーラーパネルで蓄電し
 携帯電話の充電ができるリュックなど、
 最新のグッズを展示。組み立て式のヘルメットや
 非常持ち出し袋、防炎エプロンなど、
 一部実際に手に取ることもできます。

◇防火服・救助服の試着 NEW!
 防災センター9-2.jpg
 子ども用のサイズをご用意しています。
 あれ…ぴったり(笑)

◇世界の消防車のミニカー展示 NEW!
 防災センター6-2.jpg

◇なりきり消防士コーナー NEW!
 防災センター11-2.jpg
 📷消防隊員の顔出し看板で記念撮影♪

◇防災アプリ体験コーナー プレオープン中
 防災センター10-2.jpg
 備え付けのタブレット端末で
 「和歌山県防災ナビ」など様々なアプリを体験できます。

防災学習センターでの体験学習は、災害への備えの第一歩。
ぜひ一度、足を運んでみてください♪

和歌山市消防局 防災学習センター
  ◇場 所:和歌山市八番丁12番地 和歌山市消防局3階
  ◇開館時間:9:00〜17:00
  ◇休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)
  ◇入館料:無料
  ◇事前申込:個人は不要。10人以上の団体は
        事前に電話でお申し込みください。
  ◇お問合せ:073−423−0119
  ◇H P:こちら→
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする