2019年02月28日

2/28放送 「まちかど通信39」〜海から森林、宇宙まで「加太観光協会」稲野会長☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信39」
今回は加太地区をご紹介しています。
今日は加太観光協会 会長稲野雅則さんにお話を伺いました。


IMG_0746.jpg


稲野さんは昨年から加太観光協会の会長を務めていらっしゃいます。
加太では先日、2月16日(土)に「第13回加太植樹祭」
行われアジサイの苗を植えました。
以前、稲野さんにそのお話を伺ったのは、
2013年。その頃は観光協会青年部長とを務めていらっしゃいました。

詳しくはこちらをクリック!


加太地区は今、1520世帯・約2800人の方がお住まいです。
加太地区はなんといっても豊かな

魚や美味しい食事が観光の目玉。
そこに注目して、持続可能な漁業を目指しています。
これまで加太は「大量生産」をしてこなかったのですが。
それが今では貴重な資源にもなっています。

そこで、加太地域は、
持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)の取り組みに
参加しています。

「SDGs」はこちらをクリック!


観光協会の取り組みとしては、
風光明媚な場所が残っているといて
昨年、東京大学生産技術研究所加太分室が開設され、
そこと連携して自然環境を学べる場となっています。

「いろんなネタを仕込んで、モノからコトへと言われていますので
そういったことを推進していきたいです。」

と意気込みを話してくださいました。


IMG_0747.jpg


加太の観光は、漁業を中心とした豊かな自然を生かした取り組みが
多い中、最近では、ロケットを通しての「宇宙イベント」
盛り上がりを見せています。

加太でロケットを打ち上げる取り組みはもともと
和歌山大学の取り組みとして行われていましたが、
一昨年から、地元主導で、
加太地域活性化協議会が主催して共同実験として行われています。

昨年は新潟大学、九州工業大学なども打ち上げに参加して
年々盛り上がりを見せています。

また、加太観光で忘れてはならないのが友ヶ島
ラピュタの島として、今も変わらずの人気を誇る友ヶ島ですが
古くから葛城の修験道の行場であり、日清日露戦争の砲台跡など
といった歴史があります。
そちらの方も盛り上げていきたいと稲野さんはおっしゃいます。


tomogashima2.jpg

ところで、加太に新しいスポットが誕生しました。
小学生の加太合宿で知られる少年自然の家が新しく
昨年12月
「青少年国際交流センター」として生まれ変わりました。

県内県外から、また海外からも研修施設として利用できます。
「いろんなところから来ていただけるような仕組みを作りたい」
と稲野さん。


関西国際空港にも近い加太。
海洋から森林まで、「海と森をつなぐプロジェクト」
10年以上取り組んでいます。

こういったことも絡めて
「学びたい人は、絶対に加太に行かないと!」
と言われるような拠点づくりを今後はしてゆきたいと
しています。

海から森林、そして宇宙まで。
すべて一貫してつながっている取り組みです。

さて、今週末は「加太の桜鯛まつり」
淡島神社の「ひな流し」

190302_sakura_taimaturi-1.jpg

多くの人で賑わいそうですね。
是非、加太へお出かけください。

加太観光協会はこちらをクリック!

IMG_0753.jpg


明日は「ゲンキトピックス」です。
おたのしみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

2/27放送 こども科学館のプラネタリウムがリニューアルオープン☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「こども科学館プラネタリウム」
リニューアルオープンについて
こども科学館の野上聖児さんにお話を伺いました。

IMG_9758.JPG

今回のリニューアルでは、
ドームに星を映し出すための主投影機、デジタル投影機、
制御装置、座席等を一新したことで、
より本物に近い星空を再現することが出来るようになりました。


自然に近い星の瞬き、双眼鏡で覗いてもリアルな星雲・星団、
そして9000個の星(恒星)を映すことが出来ます。

また、122の座席と床も新しくしたことで、来館された方は
リニューアルを実感していただけるかと思います。

IMG_9756.JPG


リニューアルオープンは
3月2日(土)午前9時30分から開館します。
一般の皆様には午前11時の投影からプラネタリウムを観覧して
いただけます。
なお、午前9時35分から9時50分まで、
リニューアルオープン式典
4階プラネタリウム室で開催いたします。
式典には関係者に参加していただく予定となっています。

プラネタリウムを見るためには、
一般の皆様には、これまで同様、
休日・祝日は11時・13時・14時・15時半の1日計4回。
平日は11時・14時・15時半の計3回、
プラネタリウムをご覧いただけます。

IMG_9755.JPG

途中入場はできませんので、時間にはゆとりを持ってお越しください。
座席は122席ですのでご来館された方から順にチケットを販売します。

まずは、こども科学館へお越しいただき、1階の窓口で入館料と
プラネタリウム観覧料をお支払いいただきます。

入館料は大人300円・小中学生150円・幼児は無料となっています。

同じくプラネタリウム観覧料も大人300円・小中学生150円・幼児は無料です。

チケットご購入後、4階プラネタリウム室へお越しいただくと
本館職員がご案内します。

ちなみに1回のプラネタリウム投影で「本日の星空解説」と「星の旅」
という番組を投影し、約45分間で行います。

前半の「本日の星空解説」
では、春の星や星座をわかりやすく解説します。
また、和歌山市から見える星空の紹介も行いますので、
プラネタリウムをご覧になった後、本当の星空で星を楽しんでいただくことが出来ます。

後半の「星の旅」という番組では、世界各地で撮影した景色や星空をドーム映像で
再現します。
南十字星は天の川、ウユニ塩湖の水鏡に映る満点の星など、
何年もかけて撮影した星空実写映像いっぱいの作品です。
迫力のCGで天の川の正体を探る旅も体験できる番組となっています。

IMG_9759.JPG

プラネタリウムリニューアルオープンは
3月2日(土)午前9時30分から開館です。

リニューアルオープン式典は午前9時35分から行い、
一般の方のプラネタリウム観覧は午前11時からとなっています。
なお、土曜日の午前中は小中学生の入館料、
およびプラネタリウム観覧料が無料となっています。

野上さんは
「新しくなったプラネタリウムでは美しい星空、感動する映像を
ご覧いただけますので、ぜひこども科学館へお越しください。」
と多くの来館を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「まちかど通信39」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

2/26放送 「まちかど通信39」〜縄文時代からの歴史の宝庫「加太」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信39」
今回は加太地区をご紹介。
今日は加太地区の歴史について
加太地区連合自治会 副会長藤井保夫さん
にお話を伺いました。


IMG_0753.jpg


藤井さんは考古学がご専門。
(日本考古学協会の会員でいらっしゃいます)

加太の歴史についてお話しいただきました。


藤井氏.jpg


和歌山市の西端に位置する「加太地区」。
目の前には淡路島、紀淡海峡に面した海の町です。

縄文時代以来ずっと人が住んでおり、
弥生時代あたりから土器に海水を入れて煮詰めて塩を作る
製塩(塩づくり)がとても盛んに行われるようになりました。

この加太の塩は、奈良の平城京などに運ばれていました。

塩づくりが盛んであった当時の加太は、
交通の要所でもあったようです。

飛鳥時代から奈良時代にうつるころ、
加太には駅家(うまや)、今でいう「道の駅」が出来ました。

奈良の都から紀伊の国、淡路の国、四国の4つの国をひとつに結ぶ
幹線道路が加太を通り、港として発展してゆきます。
そこに、「駅家」が置かれるわけです。

このような道(南海道)を通じて、都に塩を運んでいました。
「塩の道」ですね。

そして江戸時代には、四国の物産がどんどん加太の港に集まり栄えたそうです。

江戸時代も終わりに近づくと、ロシアなど西洋の列強が、
鎖国をしている日本に開国を迫ってくるようになります。


tomogashima3.jpg


tomogashima2.jpg

幕府は危機感を覚え、砲台、台場を作っていきますが、
明治になると、西洋式の砲台をどんどん作り外国船の往来を阻止。
加太はそういった意味でも重要な位置づけであったと言えます。

ところで、加太の産業と言えば漁業
これは古くは縄文時代から盛んであったようです。

IMG_0739.jpg

藤井さんによると、加太の漁業は縄文・弥生時代から盛んでしたが
とくにピークは江戸時代の後半で、そのころ加太の漁船は
房総半島沖まで漁に出ていたと文書に記されています。

ところで藤井さんたちが今とりくんでいるのは、
「葛城二十八宿(かつらぎにじゅうはっしゅく)
日本遺産に登録しようという取り組みです。

葛城二十八宿(かつらぎにじゅうはっしゅく)とは、役小角(えんのおずね)が
法華経八巻二十八品を埋納したとされる経塚で、
和泉山脈〜金剛山地の山やその付近の寺社を中心に二十八ヶ所あり、
現在も修験道の行場となっています。

「日本遺産に登録して、人・お金を呼んで来ようと
仲間たちと取り組んでいます。」


また、行場と言えば、友ヶ島には5か所の行場があります。
虎島(とらしま)には序品窟(じょほんくつ)・観念窟(かんねんくつ)
という会食洞穴があり、その中に行場があったりするんだそうです。

IMG_0741.jpg

藤井さんは
「これだけでも見どころがいっぱいですが、
加太に来ていただきますと、縄文時代から
明治・大正・昭和までのすばらしい歴史遺産がたくさんありますので
是非来ていただきたいと思います。」

と熱く語ってくださいました。


加太支所はこちらをクリック!

IMG_0759.JPG



明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする