2018年10月02日

10/2放送 「まちかど通信23」誰もが安心安全に暮らせるまちに〜宮前地区☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「まちかど通信23」
宮前地区をご紹介しました。

IMG_7648.JPG


まずは、宮前地区連合自治会長
前島五十昭(まえしまいそあき)さん
に地区の概要について
お話を伺いました。

IMG_7630.JPG

宮前地区は、JR和歌山駅から約2キロ南進したところにあります。
国体道路沿いは、商業エリアとしてたくさんのお店が軒を連ねています。

西は和歌側に接し、周辺には工場地域もあります。

JRきのくに線をはさんで東西に分かれていますが、
湊神前線の跨線橋の完成により、宮前駅周辺も整備され、
特に東部地区では年々住宅開発が進み、大きく変貌してきています。

宮前駅は駅舎が設けられていない無人駅ですが、
現在一日の平均乗車人数は、約1600人と年々乗車人数が増えています。

IMG_7657.JPG

やはりオークワ本社や三菱電機など大企業が立地していることから
乗車人数が増えており、
地区としては、宮前駅の有人化を要望しているところです。

現在、宮前地区には16000人の住民が生活し、
6600世帯、38の単位自治会があります。

地区の活動としては、
宮前小学校の児童の登下校時の見守りや、安全パトロール車にのり
安全を見守る活動をしています。
また、敬老会や高齢者の見守り活動、夜の安全パトロール、
防災対策、地区住民を対象とした健康についての講演や体操教室などに
力を入れています。

今後、だれもが安心、安全で暮らせるまちをめざしています。

IMG_7632.JPG

次に、
安心安全に暮らせるまちづくりの取り組みとして行われている
「防災訓練」について
宮前地区防災会第4ブロック長小上純一(おがみじゅんいち)さん
お話を伺いました。

IMG_7639.JPG

宮前地区では、地域が広いので5つのブロックに分けて
それぞれ避難所が異なります。

ブロックごとに避難訓練を行っており
小上さんがブロック長をつとめる第4ブロックは、
和歌山ビッグ愛が避難先になります。

IMG_7660.JPG

地区をあげての防災訓練は毎年10月の最終日曜に実施しています。

今年は10月28日(日)午前9時から実施予定です。

この訓練の詳しい内容は明後日の放送でお伝えします。


「宮前連絡所」はこちらをクリック!


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする