2018年07月02日

7/2放送 平成30年度第2回 和歌山市職員採用試験について

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は、平成30年度 第2回
「和歌山市職員採用試験」
について
人事委員会事務局の野本友利江さんにお話を伺いました。


IMG_1022.JPG


今回実施する採用試験では、
平成31年4月1日採用予定
試験区分を実施します。

職種と募集人数は、

行政職T種の事務職「UIJターン型」2人
土木職「UIJターン型」1人
行政職3種の事務職1人
資格免許職1種の精神保健福祉相談員1人
保健師3人
栄養士1人
資格免許職2種の保育士6人
消防職3種5人
近世城郭史の学芸員1人
身体障害者を対象とした行政職事務職2人、
技能労務職の環境整備員4人
保育調理業務員3人、
学校給食調理員3人
です。

行政職1種「UIJターン型」では、
和歌山県外から和歌山市への移住を促進し、
民間企業などで培ったノウハウ
発想力を持つ即戦力として
活躍してもらうことを目的に、募集を行います。

受験資格については、
昭和53年4月2日から 昭和58年4月2日までの間に生まれた方で、
県外に在住し、県外に本社等を置く
民間企業や公的機関等における職務経験の期間が
5年以上ある方を対象としています。

受験資格について詳しくは「受験案内」をご覧ください。


その他、
行政職3種では、
昭和62年4月2日から平成13年4月1日までの間に生まれた方。

消防職3種では、
平成4年4月2日から平成13年4月1日までの間に生まれた方。

また
精神保健福祉相談員、保健師、栄養士、
学芸員、環境整備員、
保育調理業務員、学校給食調理員

については、
昭和58年4月2日以降に生まれた方。

保育士については、昭和60年4月2日以降に生まれた方で、
試験区分によっては資格等に関する要件があります。

身体障害者を対象とした行政職事務職については、
昭和62年4月2日から平成13年4月1日までの間に生まれた方で、
身体障害者手帳の交付を受け、
障害の程度が1級から4級までの方です。

詳しくは「受験案内」をご覧ください。


「受験案内」は、
市役所西隣、朝日ビルディング2階の人事委員会事務局と、
市役所本庁1階の総合案内所で配布しています。

また、和歌山市公式ホームページからのダウンロードや、
人事委員会事務局への郵送請求も可能です。

受付期間は、
持参の場合は、8月9日、10日の2日間。
郵送の場合は、8月10日までの消印有効です。

試験日程は、
第1次試験は、9月16日です。
最終合格発表は、11月下旬の予定となっています。


和歌山市が求める人物像は、
・市民とともに考え、市民から信頼される職員
・向上心に富み、豊かな未来を創造する職員、
・職務に誇りを持ち、主体的に行動する職員です。

野本さんは
「和歌山市に誇り愛着を持ち、
元気な和歌山市を実現したい〜という
熱い思いを持つ人材を求めています。
和歌山市のために働きたいという
意欲のある方のご応募をお待ちしています。」

と多くの応募を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「まちかど通信K」です。
お楽しみに。




posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする