2018年06月05日

6/5放送 まちかど通信G〜「湊地区」竹田連合自治会長☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「まちかど通信G」
今回は「湊地区」をご紹介。
湊地区連合自治会長竹田寛さんにお話を伺いました。


湊地区3.JPG


今日はまず湊地区の特色や概要についてです。

湊地区6.JPG

湊地区は、
南に紀の川下流、北に新日鐡住金和歌山製鐡所、
東は野崎地区に隣接する場所に位置し、
人口は約2900人約1400世帯
10の単位自治会があり、その連合体が湊地区連合自治会です。

地区には、新日鐵住金和歌山製鐵所、メッサガーデンパーク和歌山、
湊緑地公園や、湊児童公園、湊神社が有名な場所です。


IMG_9387.JPG


IMG_9389.JPG


IMG_9393.JPG



また、湊地区は新生姜の産地で、生姜農家さんも多く、
小学校の児童たちは毎年、生姜農家さんの協力で栽培の体験も行っており
秋の収穫時には、収穫した生姜を自宅に持ち帰るなど
子どもたちも楽しみにしています。


湊小学校.JPG

生姜ハウス.JPG
(湊小学校の「生姜ハウス」)


さて、湊地区では地域ぐるみで色々な行事が行われていますが、
特に力を入れているのが防災避難訓練です。

今年は5月27日に行われたばかりです。

「今回は、体験型ということで、地震体験、消火訓練
救急救命講習、被災地の写真パネル展などを行いました。
4年に1回ぐらいは大掛かりな訓練を行いたいと思っています。
東日本大震災の時も、訓練を重ねているところほど被害が少なかった
という報告もあり、被害の軽減に努めています。」


と竹田さんは話していました。

さて、このほかにも色々な行事があります。
地域をあげて取り組み永年続いているのは
「地区対抗ソフトボール大会です。

育友会の皆さんが中心になって行われている大会で、
連合自治会や公民館が共催で毎年実施されています。

単位自治会の10地区対抗ですが、最近では選手が集まらないため
合同チームもありますが、40年以上続いている
伝統のソフトボール大会となっています。

選手の年齢層も小学生から70代まで幅広く
「勝つことよりも参加すること」をモットーに
お互いに仲良くプレーする楽しい大会になっています。

今年も7月10日(土)に開催される予定です。


「湊連絡所」はこちらをクリック!


明後日木曜日の放送では、
昨年、40年ぶりに復活した「夏まつり」
などについてお聞きします。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする