2018年05月31日

5/31放送 まちかど通信F 宮北地区の見守り隊とシニアエクササイズ☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今回は「まちかど通信F」
宮北地区をご紹介しています。


IMG_5769.JPG



宮北地区では、特に「子ども見守り隊」
「シニアエクササイズ」に力を入れて取り組んでいます。

宮北連合自治会長中嶋滋(なかしましげる)さん
「子ども見守り隊」スタートについてお話を伺いました。


IMG_5741.JPG


中嶋さんによると
20年近く前、池田小学校をはじめ全国的に
子どもたちが犠牲になる悲しい事件が起きたことがきっかけで
全国的に「見守り隊」の活動が増え、宮北地区でも、自主的に見守り活動が始まったそうです。

その姿を見て、連合自治会は「地区ぐるみで見守り隊を作ろう」と
各種団体の代表者に相談し、「宮北地区子ども見守り隊」が
平成18年6月に発足しました。

当時、70人でのスタート。
通学路の何カ所か、毎回10〜15人くらいの人が立ち
児童たちの下校を見守ります。

青色パトロールカーには2人ずつ乗車し、宮北小学校区、大新小学校区の
2つの校区を巡回しています。


IMG_9422 (1).JPG
(児童からの感謝の手紙)

IMG_9425.JPG
(児童からの感謝の手紙)


このような形で、現在も行われている「子ども見守り隊」の活動に
地域の人たちはとても協力的だそうです。


IMG_5747.JPG


子ども見守り隊長須佐やよひ(すさやよい)さん

「雨の日、風の日、暑い日も、みんな一生懸命です。
私が休んで、もしものことがあっては困るから
と一生懸命頑張ってくださっています。」
と話しています。


順調に活動が続いてきたかのような「子ども見守り隊」ですが、
実は、この活動が定着してきたころ、ある問題が持ち上がり
それが「シニアエクササイズ」のきっかけにつながったそうです。

「見守り隊は、主に高齢者の方々の隊ですので、どうしてもリタイアする方が
増えてきました。これを何とかしたいなと思っていた矢先、
たまたまですが、本山先生の介護予防運動のお話があったんです。」

と中嶋さん。

和歌山市が平成18年度から、
介護予防を目的に「市民ボランティア養成講座」で取り組んでいる
「シニアエクササイズ」は、
和歌山県と和歌山大学の本山教授が共同で開発した運動プログラム。
3か月間の講習を受けたリーダーが、地域で「シニアエクササイズ」の自主グループとして
介護予防に努めています。


「わかやまシニアエクササイズ」はこちらをクリック!


中嶋さんと須佐さんは、率先して講習を受け、
「みたきたシニアエクササイズの会」がスタート。
リーダーとして
宮北地区の「シニアエクササイズ」を引っ張っています。


中嶋さんによると、シニアエクササイズの会を始めたおかげで、
減り始めていた見守り隊の人数も、当初の70人をキープしているそうです。


IMG_9421 (1).JPG


「(私たち=中嶋さんと須佐さんは)5期生となります。
毎週土曜日、小学校の体育館に来れば、みんながいて、お話が出来、
運動も出来て、といった場所の提供をしています。
シニアエクササイズには、登録は140人以上ありますが、通常来て下さるのは
70〜80人の皆さん、平均年齢は74〜5歳でしょうか?最高齢は90歳の方です。」

須佐さんは、嬉しそうに話してくださいました。

シニアエクササイズのおかげで、足腰が鍛えられ、外に出る事が億劫でなくなる。
また、人のつながりも出来る、
そこから、新たなつながりが出来てきました。
地区にさまざまな効果が生み出されています。

「見守り隊が出来ました、シニアエクササイズが出来ました。
そのあとには、書道教室が出来、グラウンドゴルフのサークルが出来、
さらには、子育て広場、カラオケ、等次々に会が出来ています。
人と人とのつながりが非常に素晴らしい地区です。」

と中嶋さんも誇らしげに話してくださいました。


IMG_5750.JPG


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

5/30放送 「和歌山市奨学金返還助成制度」対象者募集☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「和歌山市奨学金返還助成制度」について
総務課の小切隆史(こぎれたかふみ)さんにお話を伺いました。

leaflet4-1.jpg

「和歌山市奨学金返還助成制度」とは、
奨学金を借り受けている又は借り受ける予定の学生が、
卒業後に和歌山市内に住んで、医療・介護・福祉系の対象企業に
専門的職種で就職し、3年間定着した場合、
企業と本市が連携して奨学金の返還を助成するものです。

独立行政法人日本学生支援機構奨学金
が対象となります。
無利子、有利子を問いません。

対象となる学生は、
大学生、短期大学生、大学院修士課程の学生又は専門学校生です。

対象企業は、
この制度に参画いただいた医療、介護・福祉系の企業です。


leaflet4-2.jpg

企業の一覧はこちらをクリック!



専門的職種とは
(今年度の募集は)看護師、薬剤師、歯科衛生士、作業療法士、
理学療法士、言語聴覚士、社会福祉士
または介護福祉士の資格職です。


助成の内容は、
対象企業に専門的職種で3年間継続して勤務したのちに、
助成金を参画企業と和歌山市が1/2ずつ負担し、本人に代わって
独立行政法人日本学生支援機構に支払います。

助成金額は、
奨学金の借り受け期間1年につき25万円で、
上限は6年です。
1年未満は月割りとなります。

たとえば、4年間奨学金を借り受けた場合の助成金額は
100万円となります。

助成を受けるには、
卒業年度の前年度に認定申請が必要です。
現在、平成32年3月卒業予定の方を募集中です。

受付は平成30年9月28日金曜日までです。

申請方法は、
和歌山市のホームページの募集欄に掲載しているページから
申請書をダウンロードしていただき、
必要事項を記入の上、在学証明書と奨学金の借入額、または
借入予定額の確認できる書類を添付し、
和歌山市役所5階総務課まで提出、または郵送で申請してください。


小切さんは、
医療、福祉・介護系の学生の皆さま、
就職するなら魅力いっぱいの和歌山市へ。
現在、認定申請の受付を行なっています。
お早目に申請をお願いいたします。」

と呼び掛けています。

詳しくは、
☎073-435-1018(総務課)まで。


🏣こちらをクリック!


明日は「まちかど通信F」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

5/29放送 まちかど通信F「宮北地区」〜山本所長の「チーム宮北」への思い☆

(お知らせ)
秋葉山配水池水系において大規模な濁り水が発生しています。
高松、宮前、三田、今福、安原、雑賀、雑賀崎、和歌浦、名草の各地区の皆様方にご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますが、復旧するまでには相当な時間を要することが予想されます。
ご連絡は和歌山市企業局 企業総務課(073-435-1124)、
維持管理課(073-435-1131)まで。


📲和歌山市HPはこちらをクリック!


(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「まちかど通信F」
宮北地区をご紹介。
まずは、和歌山市役所宮北連絡所
山本光弘所長
にお話を伺いました。

IMG_5773.JPG
(左から山本所長、須佐子ども見守り隊長、南、中嶋連合自治会長)

宮北地区は、JR和歌山駅を含む東西の地域。
今年5月1日現在の世帯数は、3399世帯
人口は6704人です。

(なお、昨年5月1日では3300世帯。人口6509人でした。)

この春に、地区内に大規模マンションが完成したこともありますが
人口の減少傾向にある和歌山市において、発展を続けている地域と言えます。


山本所長は、昨年4月から宮北連絡所長を務めています。
地区の印象連絡所長の役割などについてお聞きしました。

「従来から、私は、連絡所長の仕事は、
地域の自治振興の推進や、地域コミュニティーの活性化などに向け、
積極的に地域の活動への参加や協力を行うなど、
また和歌山市をはじめ、各関係機関等とのパイプ役となり、
地域の発展に努めることが連絡所長の仕事と考えていました。
そして、一度経験してみたいとずっと思っていました。

しかし、昨年、宮北連絡所長を拝命した時に、
宮北地区は県都和歌山市玄関口である
JR和歌山駅西口に位置する吉田や友田町、
そして、現在着実に発展を続けている
JR和歌山駅東口に位置する黒田、納定など
和歌山市の中心を区域とした都市型自治会区域であり、
これからうまく連絡所長の役割を果たせるのかなぁと少々不安でありました。

一年が経過して、

私の不安はすぐに解消されました。
所長としてスタートした4月5月は、各団体の役員会や総会の時期でもあり
宮北連合自治会長の先頭に、各単位自治会長、
そして民生児童委員会・地域安全推進員会
婦人会や老人会、そして公民館と、まだまだ多くの団体が、
そして多くの会員さんが
連日、地域の発展のため、また子どもたちの安心安全確保に、
さらには、高齢者が健康でいきいきと暮らせる地域づくりに向け、
熱心に会議が行われ、地域を良くする、
そして人と人、人と地域のつながりを築くのに
街も田舎もないと思いました。

自分たちの住んでいる街を本当に良くしようという
住民一人ひとりの思いや行動を肌で感じました。
1年経った今もそう言えますし、宮北地区はそういう地区です。


IMG_5736.JPG



私も事務局という立場で、書類作成や行事の段取りなど、
色々な仕事をさせていただいていますが、
私もこの温かみのあるチーム宮北の仲間にいれていただけたと確信をしています。

そして、毎日毎日、途切れることなく、
年寄りをはじめ、地域の方が連絡所に立ち寄られ、
「所長、ちょっと教えて」といった行政相談から、
「スーパーの帰りに疲れたか休憩させてよ。」や
また暑い日には
「病院の帰りやけど(クーラーの効いた部屋で)休ませてよ。」と
会議やレクリエーション活動以外にも、様々な形で連絡所を活用いただいて
いることに私自身も日々充実を感じています。」

山本所長はこのように話していました。

次回、明後日の放送では、
連合自治会長の中嶋さんと、
子ども見守り隊長の須佐さんにお話を伺います。


IMG_5725.JPG

「宮北連絡所」はこちらをクリック!


次回もお楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする