2018年02月08日

2/8放送 新生消防音楽隊5周年「消防わかちかコンサート」開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
新生消防音楽隊5周年記念
「消防わかちかコンサート」開催
について
和歌山市消防音楽隊の袋井晴絵(ふくろいはるえ)さんに
お話を伺いました。


CCI20180207.jpg


袋井さんは、消防音楽隊が
消防職員と消防団員の混成として生まれ変わった、
平成24年10月に入隊された第1期生です。

石川県ご出身で、結婚を機に和歌山市にお住まい。
石川県では、社会人のオーケストラや吹奏楽の団体に所属、
和歌山でも楽器をやりたいと思っていた時に、
消防音楽隊の募集があったそうです。

袋井さんの担当楽器は打楽器
何種類もある打楽器の中で、ドラムを担当されています。

打楽器という名前の通り、打つと音が出る楽器。
難しいことをしなくても打ったり振ったりこすったりすれば
音が出るので誰でも気軽に演奏を楽しむことが出来ます。
赤ちゃんでも鈴やマラカスといった打楽器を演奏することが
できます。
「音を出すのって楽しい、ということを感じられるのが打楽器
と袋井さんはおっしゃっています。


消防音楽隊が新しくなって5年。
これを記念して、
2月11日(日)
「消防わかちかコンサート」が開催されます。
時間は午後3時から4時まで。
場所はJR和歌山駅西口すぐ前の地下の「わかちか広場」です。

申込みなどは必要ありませんので、皆さん、是非足を運んで
いただき、音楽隊の演奏をお聴きください。

当日は、まず、カラーガードの演技にて幕開け、
そのあとアニメやドラマの主題歌、そして、少し懐かしい
歌謡曲なども予定していますので、どなたにでも楽しんでいただけます。


06集合.jpg


袋井さんは、
「消防音楽隊は、皆さまの応援をいただき、
5周年を迎えることが出来ました。
わかちかコンサートでは、寒さを吹き飛ばすような力強い演奏
皆さんをお迎えしたいと思います。
どうぞ、皆さん、お誘いあわせの上、
2月11日(日)午後3時にわかちか広場にお越しください。」

と多くの来場を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする