2018年02月20日

2/20放送 「小学校訪問㊶」〜学校に南極の氷がやってきた!〜木本小☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「小学校訪問㊶」
和歌山市立木本小学校にお邪魔しました。


木本小学校に「南極の氷」がやってきました。
細かい気泡がいっぱいのキラキラ光る綺麗な氷。


IMG_3168.JPG

「すーっと空気が抜ける音がした。」
氷に耳を近づけると、空気がはじけるような音。

パチパチっという音が聞こえたら、
それは、氷が出来た2万年前の空気がはじけた音です。」


これは、
半世紀にわたって南極の「昭和基地」の建物建設に携わる
「ミサワホーム」が全国の小学校などで行っている
「南極クラス」という出前授業です。


IMG_3169.JPG


この日は、南極に1年4ヶ月にわたって滞在した
株式会社ミサワホーム総合研究所
南極研究プロジェクト 第57次日本南極地域観測隊
越冬隊隊員

一級建築士 主任研究員福田真人(ふくだまさと)さん

講師となって
6年生の児童を対象にお話しました。


IMG_3171.JPG


南極の自然の厳しさ、マイナス30度の世界、
南極でのわずか30人でのくらしなど、
「未知の世界」である南極について
動画や、実際に着用した防寒具、
南極の暴風を体験できる装置などを使って説明しました。


IMG_3141.JPG


IMG_3137.JPG
(南極での防寒具を先生がモデルになって着用)


南極までの道のりもとても遠く、
オーストラリアまでは空路、そして船に乗って1ヶ月。
南極圏に入ってからは厚い氷を割りながら進むことや
南緯60度に達すると20メートル以上の大波を超えながらの航海。
南極の昭和基地にたどり着くまでの旅は
とても凄まじいものであることに
児童たちは驚いた様子でした。


IMG_3149.JPG
(装置を使って南極の暴風をまずは先生が体験)


南極の暴風を体験した児童は、
「(風が強くて)手の肉が浮き上がってくるほどだった。」
「(風が)寒かったです。寒すぎて、冷たいというより
暖かく感じるほどだった。」

また、このほかの感想として
「ブリザードは、体が吹き飛ぶくらいの強さと聞いて
怖いと思いました。」


「南極でかき氷を食べてみたい。」

「飛行機で行って船に乗り換えて、またヘリコプターに乗ってと
何度も乗り換えるのは寒くて大変と思いました。」

「いろんな職業の人が、なんでも屋さんみたいに
協力して生活しているのに驚きました。」


「カップラーメンが寒さで凍って、食品サンプルみたいに
なっていたのが面白かった。」


IMG_3158.JPG

IMG_3153.JPG
(防寒具の温かさと軽さを体験する児童)


講師をつとめた、ミサワホームの福田さんは、
南極に行くことが「夢」だったそうです。
その「夢」を実現させました。

「南極での体験を通して、夢を持つことの大切さと
30人だけで生活をして、仲間は大切だと感じたので
その大切さを伝えたいと思っています。」

と話していました。

未知の世界である「南極」について知ることが出来た
児童たち。
これが、これからの「夢」につながってゆくのかも
しれませんね。


IMG_3160.JPG

IMG_3186.JPG

木本小学校6年生、南極体験楽しかったです



「木本小学校」はこちらをクリック!


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 小学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

2/19放送 「不妊治療」の助成制度について☆

今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「不妊治療の助成制度」について
和歌山市保健所 地域保健課の神崎美晴さんに
お話を伺いました。


CCI20180218.jpg


妊娠を希望している夫婦が1年間、
通常の性生活を行なっているにもかかわらず、
妊娠しない状態を「不妊」といいます。
夫婦の10%が不妊と言われています。

不妊の原因は、男性にも女性にもあり、
その割合はほぼ同じです。

そのため、1年以上妊娠しない場合、
さらに年齢が高い(35歳以上)の場合や
月経不順、子宮内膜症など
不妊についての不安要素がある場合には
より早期に産婦人科の受診をおすすめします。

「不妊治療」
費用が保険適用外になる場合や
高額になる場合がありますので、
和歌山市では、「特定不妊治療」「一般不妊治療」
費用の助成制度があります。


「特定不妊治療」は、体外受精および顕微授精などの治療が
対象となります。

「一般不妊治療」は、ホルモン療法人工授精の治療、
不育症の治療などが対象となります。

平成29年度については、
3月30日までが対象期限となっていますので
今年度、このような治療を受けられた方は、
是非、期限内に申請をしてください。

制度の内容は、少し複雑になっていますので、
お気軽にお問い合わせください。

☎073-488-5120(和歌山市保健所地域保健課)まで。


また、「不妊相談」も行っています。
これは、専門の医師による面接相談で、
毎月第1水曜日に相談日を設けています。

おひとり45分程度の時間を取って
予約を受け付けています。
事前に電話で予約をお願いいたします。

☎488-5120まで。


ほかにも、保健師などが随時ご相談をお受けしています。
電話相談や保健所に来ていただいての相談も受け付けています。


神崎さんは
「不妊治療は、肉体的にも精神的にも経済的にも
とても負担が大きい治療です。
和歌山市保健所では、色々な悩みの相談も受け付けていますので
お気軽にご相談ください。」

と呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問㊶」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

2/16放送「ジュニア駅伝」&「公民館フェスティバル」ほか☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

金曜日は「ゲンキトピックス」 
週末の行事などをご紹介しています。

s-17poster.jpg

「〜地域の絆をたすきでつなぐ〜 
第17回 和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会」
が、
明後日18日(日)に開催されます。

今年は県内30市町村のうち、北山村を除く29の市と町が参加します。
午前11時に紀三井寺公園陸上競技場をスタート、
県庁前までの10区間21.1キロを
小中学生の選手がタスキをつなぎます。 

昨年は、和歌山市は一昨年に続く準優勝
しかし大会新記録という好成績でした。
今年は、是非3年ぶり6回目の優勝をめざして
頑張ってほしいですね。
今年の健闘を期待します。
皆さん、応援よろしくお願いいたします。


詳しくはこちらをクリック!



市内42地区の公民館活動の成果を発表する
「公民館フェスティバル」が、
〜地域が主役公民館〜
と題して今日開幕します。


festivalposter-002.jpg


午前10時、市民会館展示室前でテープカットが行われ、
作品展が始まります。
今回は42地区 1444人 1696点の作品が展示されます。

また、明日17日(土)には、
市民会館小ホールで「実践発表会」が午前11時30分から開かれ、
30地区から457人が出演、日ごろの練習の成果を発表します。
是非、お出かけくださいね。

尚、作品展は、18日(日)まで。
時間は、今日は午後5時まで。
明日は午前9時30分から午後5時まで。
最終日は午前9時30分から午後3時までとなっています。


詳しくはこちらをクリック!


また明日17日(土) 加太森林公園では
「第12回 植樹祭」が開催されます。
「日本一のアジサイ園を目指そう」と開催されている
恒例の植樹祭で、
加太小学校の生徒達やボランティアの方々が
アジサイの苗を植えます。


詳しくはこちらをクリック!


同じく明日17日(土)
フォルテワジマイベントホールでは、
わかやま水辺プロジェクトが主宰する
水辺交流会『わかやまミズベMeetup!が開催されます。

mizube-001.jpg


和歌山市の市堀川を中心とした水辺空間の利活用など
これまでの活動の成果を報告し、
これからの水辺まちづくりを推し進めていくための交流会です。

和歌山住みます芸人わんだーらんどのお2人による漫才や、
水辺についてのパネルトークなどが予定されています。
定員は150人。お申し込み優先となります。

お問い合わせは、
☎073-425-8583(紀州まちづくり舎)まで。


詳しくはこちらをクリック!

来週もどうぞおたのしみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする