2018年01月18日

1/18放送 「小学校訪問㊲」出前授業「希望のチョコレート」〜今福小☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「小学校訪問㊲」
和歌山市立今福小学校にお邪魔しました。


IMG_8495.JPG


今福小学校では、このほど
5年生の児童を対象に、株式会社明治の出前授業が
行われました。

チョコレートやヨーグルトなどでおなじみの明治。
この日は「希望のチョコレート」と題して
株式会社明治 業務部 コミュニケーション課
中川富祐子(なかがわふゆこ)さんが、
チョコレートの原料であるカカオについてや
チョコレートを通じての国際協力などについてお話ししました。


IMG_8499.JPG


中川さんは
「普段なにげなく食べているチョコレートが、
どんな風に作られているのかや
(カカオの産地の)ガーナの現状、
国際協力をふまえた
内容をお伝えしています。
(子どもたちからは)
授業を聞いてから、チョコレートを食べると、
美味しかったとか、ありがたく思うなどの
感想をいただくととてもうれしいです。」

と話していました。


この日は、チョコレートについて学んだあと
カカオの分量が異なる2種類のチョコレートを試食


IMG_8516.JPG


「(カカオが多い方は)苦い!
「こっちは甘い。」
とみんなうれしそうに味わっていました。


色々学んだあとの試食。
食べながらみんなどんなことを考えたのでしょうか?

「チョコレートは、どうやって苦いのや甘いのを作っているのか
考えていました。」

「(苦いのを先に食べたので)
こっちはキャラメルみたいな味がしました。」

みんなチョコレートが大好きのようです。


IMG_8514.JPG


「カカオはとても固い、分厚いということがわかりました。
(ガーナは)遠い国なのに、日本のために(多くの人が)手伝っていて
助かっていることを知りました。」


授業を受けての感想もお聞きしました。

「ガーナの人々が作ったカカオを使ったチョコレートなのに
ガーナの人が食べていないことを知って驚きました。」


「楽しかった。いろんなことを学べてよかったです。」

「カカオを作ってチョコレートが出来るまで、
あんなに大変な作業があったなんて
知らなかったのでとてもビックリしました。」


「ガーナという国のことを会社名だと思っていました。
国の名前だと知った時私はびっくりしました。」



IMG_8504 (1).JPG


この日の授業で、
チョコレートについてのイメージが変わったという皆さん。
身近なチョコレートについて
より深く知ることが出来る貴重な機会となったようですね


「今福小学校」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 小学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

1/17放送 「第5回 わかやま名所・旧跡絵画展」開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「わかやま名所・旧跡絵画展」について
和歌山市民会館の山下智之さんにお話を伺いました。


meishokyuuseki29-003.jpg


「わかやま名所・旧跡絵画展」は、
和歌山市の名所・旧跡をテーマとした絵画展を開催することにより、
和歌山の美術文化の振興を図るだけでなく、歴史や文化を身近に感じ、
慣れ親しんでいただくことを目的としています。

平成25年度に第1回を開催し、今回で5回目です。

応募対象は、
中学生を除く15歳以上の方を対象に、
県内県外を問わず、広く募集しています。

また、自由画題の部もご用意していますので、
風景画に限らず出品していただくことが出来ます。
出品料は無料ですので、是非お気軽に出品いただければと思います。
また、作品の大きさや絵画の種類など、
詳しくは応募要項をご覧ください。

応募要項は、和歌山市文化振興課、和歌山文化協会、
市民会館、市内の画材店などで配布しています。


CCI20180116.jpg


絵画展(展示)は、
1月28日(日曜日)から2月3日(土曜日)まで、
和歌山市民会館1階市民ホール及び展示室で開催されます。
時間は、午前9時30分から午後5時まで。

初日の28日(日曜日)は、午前10時から
オープニングセレモニーを開催しますので、
開場はセレモニー終了後となります。
入場は無料。皆様のお越しをお待ちしております。

尚、29日(月曜日)は休館日です。

また、作品の出品をしていただける方は、
直接、市民会館1階市民ホールまで作品搬入していただきます。

搬入期間は、1月20日(土曜日)午後1時から午後4時までと、
翌21日(日曜日)午前10時から午後5時まで。
事前申し込みの必要はありません。

例年、名所旧跡部門・自由画題部門、併せて100点前後
また、審査員の作品や招待作品も10点前後展示しております。
それから、名所旧跡部門から10店程度、自由画題部門からは数点、
優秀な作品について表彰させていただきます。

山下さんは
「出品していただける方も、観に来ていただける方も
心よりお待ちしております。
よろしくお願いいたします。」

と呼び掛けています。

詳しくはこちらをクリック!


お問合せは、
☎073-432-1212(和歌山市民会館)まで。


明日は「小学校訪問㊲」です。
お楽しみ。




posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

1/16放送 「献血」にご協力を☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)


今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
今日は「献血」について
和歌山市保健所総務企画課の勘者ゆかりさんにお話を伺いました。


img_about_02.png

日本では、1日平均約3000人の患者さんが
輸血を必要としています。

献血で集められた血液の80%以上は
がんや白血病などの病気の治療のために
定期的に輸血を必要とする患者さんや、
心臓手術を受ける患者さんに毎日使われています。

血液の役割を代わりに果たすことが出来る手段は
現在のところ、まだありません。
交通事故などのけがの治療のときに輸血が行われる
イメージをお持ちの方もあるかもしれませんが、
けがの治療に使われる血液製剤は、全体のわずか3.5%ほどです。

和歌山県でも献血が必要な方は1日140人以上います。
また、血液は科学が進歩した現在でも
人工的に造ることが出来ませんし、生きた細胞なので
長期間保存することも出来ません。

輸血に必要な新鮮な血液をいつまでも十分に確保しておくためには
絶えず、献血していただいた血液が必要となります。
そのために毎日県内のどこかで献血が実施されています。

平成28年度、和歌山県での献血者のうち65%が、
40代から60代の方々のご協力で、
10代から30代の方々の協力者はわずか35%でした。

少子高齢社会の進展により、若い世代の献血者が減少しています。
数十年前と比べると、全国で90万人、
和歌山県では約7千人が減少しています。

このまま推移すると、近い将来、病院へ血液を十分に届けられなく
なってしまうかもしれません。
そこで、若い世代の方を中心に、献血への理解と協力を呼び掛けています。

毎年1月1日から2月28日まで
「はたちの献血キャンペーン]
を実施しています。

先日、ニュースで取り上げられていたのでご覧になった方も
あるかもしれませんが、
今年は広瀬すずさんをキャンペーンキャラクターとし
献血者が減少しがちな冬季において
安全な血液製剤の安定供給を確保するため、
新たに成人式を迎える「はたち」の若者を中心として
広く国民各層に献血運動を全国で盛り上げることを
目的としています。

記念品のプレゼントもありますので、この機会にぜひ
献血にご協力いただたことがある方もない方も
積極的に献血へのご協力をお願いいたします。
全血献血の所要時間は約40分ほどです。
わずか40分で助かる命があります。

献血は、献血バス
JR和歌山駅前にある献血ルーム
協力していただけます。

様々なプレゼントやキャンペーンも行われていますので
一度足を運んでみてください。

献血ルームは毎週金曜日は定休日ですが、年末年始も休みなく
献血を受け付けています。
受付時間は、9時半から13時と、14時から17時です。

献血バスの予定は、和歌山県赤十字血液センターのホームページに
掲載されていますので、参考にしてください。

献血には、献血者の健康を守るために年齢や体重、献血の間隔など
さまざまな基準が設けられています。
また、海外旅行に行っていたり、薬を飲んでいたりすると
献血できない場合があります。
献血の基準など詳細についても和歌山県赤十字血液センターの
ホームページに掲載されていますのでご確認ください。

お電話でお問い合わせの方は、
☎073-499-7724(和歌山県赤十字血液センター)まで。


詳しくはこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする