2017年09月14日

9/14放送 「和歌山市災害時協力井戸」事業☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
今日は「和歌山市災害時協力井戸」事業について
危機管理部 地域安全課の井谷瑠美さんにお話を伺いました。

和歌山市災害時協力井戸プレートA4.JPG


「和歌山市災害時協力井戸」事業とは
地震などの災害が起こり、水道が使えなくなった時に
無償で飲み水以外のトイレや洗濯に使える水を、
地域住民に提供していただける井戸を募集するというものです。

「協力井戸」の要件として、
和歌山市に所在する井戸で、色・濁り・臭いなど、
使用に問題がないこと。
現在使用している井戸で、引き続き使用を予定していること・
電動式、手動式ポンプやつるべなど、井戸を使用するための
設備があること。
市が交付する登録標識を外から認識しやすい場所に
掲示できること。
登録していただいた井戸の情報を市のホームページなどで公開することに
同意をいただけること。
となっています。

協力を希望される方は、
申出書に、必要事項を記入の上、押印していただき、
消防局庁舎5階にある地域安全課までお持ちいただくか、
郵送で提出をお願いいたします。

申出書は、各支所や連絡所、サービスセンターでお配りしています。
また和歌山市のホームページからダウンロードできます。

こちらをクリック!


申し出いただきましたら、職員が登録していただく井戸の確認に
お伺いさせていただきます。


登録が完了したら、登録標識をお送りしますので、
外からでも見やすい場所に必ず提示してください。
よろしくお願いいたします。

井谷さんは、
「阪神・淡路大震災や東日本大震災などの過去に大きな地震が
起きた時には、水道水の断水により、不便な生活が続きました。
災害時には地域の皆さまの助け合いが必要です。
災害時協力井戸への登録をよろしくお願いいたします。」

と呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする