2017年06月12日

6/12放送 「和歌山市協働推進委員会委員」公募とボランティア登録☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「和歌山市協働推進委員会委員」公募
ボランティア登録について
市民協働推進課の鈴木雄太さんにお話を伺いました。

「協働」とは
「公益という共通の目的のもとに、
行政と市民(市民公益活動団体など)が、
お互いの立場を認めながら、対等な関係で連携協力し、
地域課題や社会的課題の解決に当たる取り組みです。

和歌山市では、
「多様な主体が担う協働のまちづくり」の実現に向けて
様々な施策に取り組んでいるところですが、
市民公益活動団体行政協働指針
の進捗状況を評価し、また、協働推進計画の立案
及び、その目標達成状況の評価を行うなど
本誌における協働推進に必要と考えられる事項を検討するため
協働推進委員会を設け、
その委員として市民公益活動や
協働に関する専門家に加わっていただくほか、
今回、市民の視点での意見を求めることを目的に
市民委員を募集します。

委員となられた方は、この委員会に出席して、
指針や計画案に対して幅広い視点で意見を述べていただきます。
平成29年度においては、協働指針改訂
第3次となる協働推進計画策定を予定しています。

今回の募集人数は2で、
応募資格は
和歌山市に住所を有する20歳以上の方です。

そのうち、市の付属機関の委員、
または、国・地方公共団体の職員、常勤委員でない方で、
市の施策に関心があり、
協働推進について意見をお持ちの方です。

応募方法は、住所、氏名、年齢、性別、勤務先、応募動機などを
記載した申込書に
「今後における協働のまちづくりの重要性について」
をテーマとした
1200時程度の小論文を付けて、
619までに郵送またはEメールで市民協働推進課まで
お申し込みください。

応募のあて先は、
〒640-8033 和歌山市本町2丁目1番地 フォルテワジマ6階
市民協働推進課まで。
(メールアドレス shiminkyodo@city.wakayama.lg.jp)

応募いただいた小論文などをもとに、選考委員により審査を行い
市民委員を決定します。
審査結果については、応募者全員にお知らせいたします。

詳しくはこちらをクリック!


「和歌山市ボランティア登録制度」について
和歌山市では、ボランティア活動を希望されている方に対して
ボランティア登録制度を実施しています。


CCI20170611.jpg


登録を行っていただいた方に対し、
随時ボランティア参加の案内を送付します。

たとえば、毎年3月に行われる「和歌山城の大掃除」や、
11月に行われる「岡公園の大掃除」といったボランティアの
募集となります。
特に若者のボランティア活動を推奨していますので、
学生の方のご登録をお待ちしています。

お問い合わせは、
☎073-402-1213(市民協働推進課)まで。
(ただし、金曜日と祝日を除きます)

詳しくはこちらをクリック!

鈴木さんは
元気な和歌山市を実現できるよう
取り組んでいきたいと考えていますので、
多くの皆さまご応募・登録をお待ちしています。」

と呼び掛けています。


明日は「小学校訪問I」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする