2020年11月25日

11/25放送 和歌山市観光アプリ配信中!

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今日は、配信中の「和歌山市観光アプリ」について
和歌山市観光課の宇藤秀さんに伺います。
チラシ画像(加工) (002).jpg

Q:現在、配信中の「和歌山市観光アプリ」とはどういうものでしょうか?

 本市の魅力的な観光スポットとなっている「和歌山城」と「友ヶ島」をみなさまにより一層楽しんでいただくため、エイベックス・エンタテインメント株式会社と共同で開発した観光アプリです。このアプリは、音声AR技術を活用しており、実際に現地を訪れると音声による様々な仕掛けが楽しめるものとなっています。

Q:利用料金はかかるのでしょうか?

 無料でアプリをご利用いただけます。ただし、アプリのダウンロードなどにかかるデータ通信料は、利用者さまのご負担となりますのでご注意ください。

Q:このアプリでは、どういった楽しみ方ができるのでしょうか?

 このアプリでは、「和歌山城コース」と「友ヶ島コース」の大きく2つのメニューがあります。和歌山城コースでは、音声による城内スポットの解説や、豪華声優陣による音声ドラマ「オトガタリ」を体験していただけます。また、友ヶ島コースでは、島内スポットの音声解説や今年の6月に日本遺産に認定された「葛城修験」のガイド機能などがお楽しみいただけます。

Q:音声ドラマ「オトガタリ」とはどういったものでしょうか?

 天守を舞台に音声のみで繰り広げられるフィクションのドラマです。徳川吉宗、浅野幸長の2人に焦点をあてた物語で、うえだゆうじさん、南央美(みなみ おみ)さん、杉田智和(すぎた ともかず)さんの豪華声優陣を起用しています。
 和歌山城天守閣前広場と天守閣でしか聞くことができない仕組みとなっておりますので、ぜひお越しいただき、臨場感のある音声ドラマをお楽しみください。

Q:最後に観光課から市民の皆さんへメッセージ。

和歌山城や友ヶ島に初めて訪れる方はもちろん、何度も行ったことのある市民の方でも、お楽しみいただけるアプリとなっておりますので、ぜひ「和歌山市観光アプリ」をご利用ください。


■お問合せ先

 ・和歌山市観光課 073−435−1234
 ・和歌山市ホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

11/24放送 地元消費(Buy Local)について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今日は、地元消費(Buy Local)について
和歌山市 商工振興課の宮本裕太さんに伺います。

R2年11月号p04(特集)-1 (2).jpg


Q.Buy Local(バイローカル)とはなんですか?

 Buy Localとは、地元で買い物しようというキャッチフレーズであり、欧米をはじめ世界の様々な自治体や地域で取り組まれている地元消費による経済活性化の運動です。例えば、地元の商店で、地元でとれた野菜や作られた製品を購入することです。

Q.和歌山市ではこのBuy Localを進めるためにどのような取組を行っていますか? 

 市報わかやまでのBuy Local運動の周知や地元スーパー等に地場産品コーナーの設置の働きかけを行うなど、Buy Local運動を市民の皆さんに広く知っていただけるよう取り組んでいます。また、インターネットモニターを活用し、地元店舗での購入割合に関するアンケート調査を行い、効果測定を行うことで、今後の施策に活用していきます。

Q. 民間でも取り組みは行われていますか?

 和歌山商工会議所青年部では、和歌山市の経済活性化を目的とした「シフト20億円!Buy Localで地域内経済循環を活性化しよう!」と題する提言をまとめ、今年3月に市長に提出するなど、Buy Localの取組を積極的に実施しています。
 また、地元の店舗で買い物をし、地元の経済を循環させるBuy Localが、地域や地域の経済を元気にさせるということを多くの方に知っていただくという取り組み「− BUY LOCAL − Love和歌山9Days 〜地元で買って食べて商談しよう!9日間チャレンジ!!〜」を今月7日〜15日に開催されました。

Q.最後に市民の皆さんへメッセージ。

 新型コロナウイルスの影響により、飲食店など地元の商店が打撃を受けています。このような地元店舗を応援するために、Buy Localにより地域内で資金が循環する地域経済を目指す必要があります。市民の皆さんが地元店舗で買い物することにより、魅力的な店舗が集積し、結果として地域の魅力や市民生活の向上につながっていきます。Buy Local運動で和歌山市の地域経済を好循環させましょう。

■お問合せ先
 ・和歌山市商工振興課 ☎ 073−435−1233
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

11/23放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今回はお仕事紹介です。
和歌山市環境政策課の岩橋香純さんに伺います。

環境政策課.jpg

Q:環境政策課ではどのようなお仕事をしていますか?

市役所の本庁6階にあります環境政策課には「政策班」と「環境対策班」の2つの班があります。
「政策班」では、環境の保全及び創造に関する施策を総合的かつ計画的に推進するための環境基本計画や地球温暖化対策実行計画の策定業務、それらを推進するための進行管理、自然環境や地球環境を保全するための環境学習、省エネルギー対策、低公害車の普及促進などの業務を行っています。
「環境対策班」では、大気、水環境などの状況を監視するとともに、大気、水質、悪臭、騒音や振動などの環境法令に基づく工場、事業場からの届出の審査や立ち入り調査などの業務を行っています。

Q:環境政策課で何を担当していますか?

私は、環境対策班に所属しており、水環境の保全に関する業務を担当しています。内容としては、海や川などの公共用水域や地下水の環境中の水質調査と、水質汚濁防止法や土壌汚染対策法等に基づく工場、事業場からの届出の審査や工場排水についての立ち入り調査などです。また、市民の方から環境に関する苦情についての相談も受けています。

Q: 仕事を行う上で心掛けていることはありますか?

市民の目線に立ち、専門知識のない方でも理解できるように分かりやすい説明を心掛けています。そのためにも、法律や条例の基礎をしっかりと勉強しながら業務に取り組むようにしています。

Q:最後に市民の皆様へメッセージ。

一部の河川の水質が環境基準に満たない状況となっています。その汚濁の主な原因が生活排水です。市のホームページには「エコぴょん教室」が掲載されています。エコぴょん教室は、誰でもわかりやすく生活排水対策について学ぶことができます。エコぴょん教室を参考にして環境への負荷を出来るだけ低減できるような生活を心がけていただければと思います。

womeshare.png

■お問合せ先
・和歌山市環境政策課 073−435−1114
・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする