2017年03月29日

3/29放送 市役所お仕事紹介「指導監査課」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
和歌山市役所のお仕事紹介。
今回は「指導監査課」をご紹介しました。
介護サービス指導班の兵頭勇哉さんにお話を伺いました。


IMG_6440.JPG


市役所東庁舎2階にある指導監査課では、
和歌山市において福祉サービスを提供する事業者等の
適正な運営の確保及びサービスの質の向上
目的とするための業務を行っています。


具体的に申しますと、
指導監査課は4つの班に分かれており、

社会福祉法人の設立認可や社会福祉法人及び
社会福祉施設の指導監査等の業務を行う「総括指導班」

障害福祉サービス事業者の実地指導
及び監査等の業務を行う
「障害福祉サービス指導班」

介護サービス事業者の指定申請等の各種届け出に関する
業務を行う「介護事業所指定班」

介護サービス事業者の実地指導や監査等の業務を行う
「介護サービス指導班」があります。


兵頭さんは「介護サービス指導班」に配属されており
主に「実地指導」「集団指導」を行っています。

「実地指導」とは
和歌山市内にある訪問介護やデイサービスや
特別養護老人ホームといった
介護サービスを行なっている事業者へ実際に赴き、
介護保険法や関係法令等で定められている
介護サービス事業者を運営するにあたり、
守らなければいけない基準がしっかりと守られているか等の
確認を行うというものです。

そして実地指導の中で、
適正に運営されていないことを発見すれば、
適正に運営を行うように
介護サービス事業者に対して指導を行います。


またこの他に1年に1回、
和歌山市内の全介護サービス事業者に集まっていただき
「集団指導」というものを行っています。

「集団指導」とは、
介護サービスの制度管理の適正化を図るため、
介護サービス事業者等に対し、
制度理解に関する指導のほか、実地指導で把握した
注意喚起が必要な事項の紹介を行うというものです。

「実地指導」と「集団指導」はともに
介護サービス事業者の育成、支援を目的として行っています。


ところで、兵頭さんは昨年4月に市役所に入庁。
現在の部署で1年間頑張ってきました。

仕事を行う上で心掛けている(注意している)ことは?

当然のことであると思いますが、
実地指導を行う際や、
介護サービス事業者からの質問に対し回答を行う際に、
誤りの情報を伝えてしますと
介護サービス事業者に迷惑がかかるため、
そのようなことがないよう慎重に基準等を調べ、
正確な情報を伝達することを注意しています。


最後に
「市民の皆様がより一層安心して介護サービスを利用できるよう、
私も精一杯業務を行ってまいりますので宜しくお願いします。」



「指導監査課」はこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

3/28放送 「伏虎義務教育学校」の開校について☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
4月1日に開校する「伏虎義務教育学校」について
教育政策課の川本智之さんにお話を伺いました。


正面.jpg


和歌山市では、いよいよ
平成29年4月、現在の伏虎中学校、本町、雄湊、城北小学校の
4校を統合し、和歌山市立伏虎義務教育学校が開校します。

平成28年4月、学校教育法が改正され、
これまでの小学校・中学校
高等学校などの学校の種類の中に、
新しい学校の種類として、
小中一貫教育を実施する義務教育学校が創設されました。

これまで、義務教育の課程は、
小学校と中学校がそれぞれ別の学校として
6-3制として教育活動を行ってきましたが、
義務教育学校では、
小中併せた一つの学校として、
9年間をとおした教育課程を編成し系統的な教育を目指します。

伏虎義務教育学校は、和歌山市内で初めて、また、県内でも初めてとなる
9年制の小中一貫校となります。

これまでの小学生が、
義務教育学校前期課程の1年生から6年生
中学生が、
後期課程7年生から9年生となります。


体育館.jpg


新校舎は、前期課程児童と後期課程生徒が
同じ校舎内で学校生活が送れるよう、
施設一体型の校舎として整備しました。

1年生から9年生の児童生徒が、同じ校舎内で生活を送ることにより、
低学年の子どもたちは
立派なお兄さんお姉さんを身近な目標とすることが出来、
高学年の子どもたちは、低学年の子どもを思いやる優しい気持ちを
育んでくれるものと思っています。

これまでの小学校・中学校との一番の違いとしては、
9年制の一つの学校となることから、
1人の校長、1つの教職員組織となります。

小学校、中学校の区分はなく、
すべての教職員がすべての児童生徒を見守ります。

また、連続性を持った9年間の教育目標を設定し、
めざす子ども像を全教職員が共有することで、
教科指導や生活生徒指導を継続的・効果的に取り組むことが出来、
先生方の意識の変化や指導力の向上につながるものと
考えています。


ローカ.jpg


新校舎は、平成28年度中に完成しましたが、
現在、城北小学校が使用している校舎の解体工事や
グラウンド整備工事などが、
平成29年度も引き続き行われます。
すべての工事の竣工は9月を予定しています。

関係者の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、
ご協力をお願いいたします。

通学できる校区の範囲は、
これまでの伏虎中学校区と同様となります。
本町小学校、雄湊小学校、城北小学校校区
そのまま、伏虎義務教育学校の通学区となります。


先月2月13日には、校歌の披露式が行われました。
校歌は、和歌山市にゆかりのある音楽家として、
平成12年度和歌山市文化表彰文化賞を受賞されました、
澤和樹氏に制作を依頼し、作曲してしただきました。
澤和樹氏は、現在、東京藝術大学の学長でいらっしゃいます。

澤学長から作詞を、秋元康氏に、
またピアノ及び吹奏楽バンド用への編曲を
啼鵬(ていほう)氏に依頼いただきました。
皆さま、大変お忙しい中、和歌山市の子どもたちのためにということで
ご快諾いただきました。

校歌は、秋元氏の力強いメッセージが、
澤学長作曲の優しいメロディーにのり、啼鵬氏の和音の響きに重なり合い
三人の皆さまの力が紡ぎあい、響き合った素晴らしい校歌となりました。

教師ステーション.jpg


子どもたちが、希望に胸を膨らませ、未来に向かって力強く効果を歌う
4月が待ち遠しく思われます。

また、新しい校章は、
平成27年度に公募により、和歌山市立和歌山高校デザイン表現科の
矢渡晴香(やわたりはるか)さんのデザインにより決定しています。
デザインは、現伏虎中学校の交渉にもある「伏(ふす)」の文字を中心に
配置し、桜の花弁に、優しさ、純潔さ、はじまりをイメージして
作成されています。

いよいよ、4月に、和歌山市で初めてとなる小中一貫校として、
伏虎義務教育学校が開校します。

新しく完成した、校舎や体育館、またグラウンドで、子どもたちは
元気いっぱい勉強やスポーツに励んでほしいと思います。
地域の皆さまにおかれましても、新しく出来る伏虎義務教育学校への
ご支援、ご協力をお願いいたします。


図書室.jpg


「伏虎義務教育学校」はこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

3/27放送 「狂犬病予防注射」について☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「狂犬病予防注射」について
和歌山市保健所 生活保健課
獣医師の渡邊喬さんにお話を伺いました。


Scan.jpg

犬を飼われている方は、まず
「狂犬病予防法」に基づき飼い犬の登録が必要です。
まだお済みでない方は、出来るだけ早く登録をお願いいたします。

そして、年に1回、「狂犬病予防注射」を受けていただくことが必要です。

毎年春になると「狂犬病予防注射」の時期。
和歌山市保健所から、登録されている犬の飼い主さんへ
「狂犬病予防注射」のお知らせハガキが発送されています。

今年度も、和歌山市内各地で
「集合注射」が予定されています。
お届けしたハガキの裏に、日程表がありますのでご確認ください。

昨年までと違うのは、今年は全ての会場で
午後からの開始となっています。
お間違いのないようよろしくお願いいたします。

集合注射を受ける際は、費用3190円とハガキを忘れずに。
また、速やかに済ませるためにつり銭の要らないようにご協力を
お願いいたします。

集合注射の会場でも、犬の登録は可能です。
新たに犬を飼い始めた方は、注射とともに登録も行ってください。
その際、登録手数料として3000円が必要です。

犬の登録を済ませますと「鑑札プレート」
注射を済ませると「注射済票プレート」を交付しますので
飼い犬の首輪に装着してください。

尚、集合注射を受けられない場合は、
動物病院で1年を通じて受けることが出来ます。
かかりつけの動物病院にご相談ください。


詳しくはこちらをクリック!
(「動物保健」の項目をご覧ください。)


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする