2019年07月18日

7/18放送 和佐地区・積神社について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は和佐地区をご紹介しています♪
和歌山市禰宜にある「積神社」について、
宮司の神下尚之さんにお聞きします。
高積神社1.jpg
神下さんによると、積神社に鎮座する積神社は
西暦702年、今の「日前宮」から分遷した
・都麻津姫命(つまつひめのみこと)
・五十猛命(いたけるのみこと=伊太祈曽)
・大屋津比売命(おやつひめのみこと)
のうち
都麻津姫命を祀っています。

積山は標高230mあまりで、
和歌山市内で最も高い山に属しているそうです。
山の頂上にある本殿を「上の宮」、
山の麓にある遥拝所を「下の宮」と呼んでいます。
積神社4.jpg
 ( 下の宮 )

◇ 主な行事 ◇
「春祭り」…春の例祭。上の宮で開催。
「秋祭り」…秋の例祭。下の宮で開催。
「毛附日待」…豊作を願う田休めの祭。
       7月第1日曜に開催。
「輪くぐり」…正月から半年間の罪穢れを払う。
       7月に開催。

現在も祭で使われている神輿は、
なんと、かつて紀州東照宮で使われ
明治初期に積神社にやってきたもので
葵の御紋が入っているんだとか!
140年以上、大切に使っています。
積神社3.jpg
「地元の方に愛される神社を目指し
 和佐地区の文化や伝統を継承するため
 昔の祭を昔のまま残したい」と神下宮司。
積神社2.jpg
収録には神社の責任総代の川端寛さんも同席いただき
「歴史ある積神社を10人の総代で
ますます発展させたい」と意気込みをいただきました!
ありがとうございました☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

7/17放送 市民税課のお仕事

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

水曜日は暮らしのゲンキ。
市役所本庁2階にある市民税課のお仕事について、
入庁1年目の中居実那珠さんにお聞きします。
中居さん.JPG
Q 市民税課の業務内容は?
 和歌山市民にかかる様々な市民税の賦課業務を、
 6つの班に分かれて行っています。
◇市民税第1〜3班:個人市民税の賦課

◇法人諸税班:法人等の市民税・事業所税・市たばこ税・
        入湯税・鉱産税の賦課

◇軽自動車税班:軽自動車税の賦課、市税の証明書発行
        自動車の臨時運行許可
◇税制班:税務関係事務の総合調査・調整、
        徴収金の収入状況調査など

Q 中居さんのお仕事は?
 軽自動車税班に所属し、
 主に軽自動車税の賦課業務を担当しています。

 軽自動車税は、原動機付自転車や軽四輪車等の
 軽自動車を当該年度の4月1日時点で所有している方に
 主にお使いになられている市町村から賦課する税金です。

 市役所では、原動機付自転車と小型特殊自動車の
 登録・廃車・名義変更等の申告を受け付けています。
 登録の際にはナンバープレートを交付し、
 廃車の際にはナンバープレートを返納いただきます。
 これ以外の軽自動車は、軽自動車検査協会や陸運支局で
 申告をしていただきます。
 
 軽自動車税を払うべき方に正しい税額を賦課できるよう
 窓口で申告を受ける際や、申告書をチェックする際に
 細心の注意を払っています。
 このように日々受け付けている申告を基に、
 毎年5上旬に納税通知書を送付します。

 その他、軽自動車税の減免申請の受付や、
 自動車の臨時運行許可証の貸し出し等も行っています。

Q 仕事をする上で心掛けていることは?
 和歌山市の財源の重要な位置を占める市税の一端に
 携わる者として、責任感を強く持ち業務を行うことを
 心掛けています。また、窓口や電話で直接市民の方に
 応対する機会が多いので、
 軽自動車税に関する疑問やご意見に対し、丁寧で
 わかりやすい説明や対応
ができるよう日々努めています。

Q 市民の皆さんにメッセージを!
 和歌山市では、50ccの原付に限り
 「ご当地ナンバー」を交付していますので、
 新たに原付を購入された方はぜひ、ご検討ください。
 市職員1年目で未熟な点も多いですが、
 精一杯業務を行ってまいります!
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

7/16放送 和佐地区・地元が生んだ偉人たちについて

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は和佐地区をご紹介♪
「NPO和佐地区活性化推進委員会」の活動について、
委員会の理事長で和佐地区連合自治会長も務める
杉山清一さんにお聞きします。
杉山さん3.jpg
実は、数々の偉人を輩出している和佐地区!!
「彼らが和佐地区の出身であることがあまり
 知られていない。記念碑など、偉人の功績を讃える
 場所を地元に作り、観光地として全国に発信したい」
との思いで活動されています。

@松下幸之助(1894−1989)※没後30年※
 パナソニック創業者。1894年(明治27年)、
 当時の和佐村(現在の和歌山市禰宜)に誕生。
 1918年(大正7年)、
 23歳で「松下電気器具製作所」を創立し
 現在のパナソニックの礎を築きました。
 「経営の神様」と呼ばれ、
 「松下公園」近くの松下家の墓には、
 市民やパナソニック関係者のお参りが絶えないとか。
 杉山さん1.jpg
和佐支所の階段の踊り場には幸之助の巨大な肖像写真が!
 
 パナソニックのホームページ(→こちら☆)で、
 社史や松下幸之助の生涯が詳しく紹介されています。

A和佐大八郎(1663−1713)
 江戸時代の弓の名手
 1663年(寛文3年)現在の和歌山市禰宜に誕生。
 24歳のとき、京都・三十三間堂の「通し矢」で
 24時間の規程時間内に13053本を射て
 8133本を射通する大記録を達成し一躍有名に。
  (全日本弓道連盟のページより→こちら☆
 晩年は弟の女性問題がもとで、田辺城下に幽閉された。
 和歌山市禰宜の共同墓地に大八郎の墓が遺る。
  (和歌山県観光連盟のページより→こちら☆)

B中畑艸人(1912−1999)※没後20年※
 洋画家。1912年(明治45年)、
 当時の和佐村(現在の和歌山市禰宜)に誕生。
 和歌山県師範学校(現在の和歌山大学教育学部)で
 水彩画を学んだ後、美術教諭を経て上京し、
 洋画家として本格的に活動開始。
 馬の油絵をライフワークとし、躍動感溢れる駿馬の絵は
 海外でも高く評価されています。
 杉山さん5.jpg
和佐支所2階には、艸人の作品の版画が飾られています。

和歌山市立博物館では、
 7月13日から8月12日まで、
 夏季企画展「中畑艸人展」を開催中!
 詳しくは→こちら☆
 和佐地区 中畑展オモテ.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする