2018年11月21日

11/21放送 12月1日は「世界エイズデー」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」
12月1日「世界エイズデー」
今日は「世界エイズデー」のとりくみについて
和歌山市保健所 保健対策課の中居徳子さんにお話を伺いました。

CCI20181120.jpg

「世界エイズデー」とは
世界レベルでのエイズ蔓延防止とエイズ患者やHIV感染者に対する
差別・偏見の解消を図ることを目的として定められた1日です。

和歌山市でも、この時期にエイズに対する理解を深めていただくための
啓発イベントを実施しています。
今年のキャンペーンテーマは
「UPDATE! エイズ治療のこと HIV検査のこと」
です。

HIVは、
「ヒト免疫不全ウイルス」というウイルスの名前です。
HIVに感染し、数年かけてウイルスが体の中で増えると、
免疫機能が低下するため、普段は感染しないような弱い病原体に
感染しやすくなり、様々な病気を発症します。
この病気の状態をエイズといいます。

日本国内で、平成29年に新たに報告された数は、
HIV感染者は976件、エイズ患者が413件、
合わせて1389件でした。

ここ数年、毎年の新規報告者数は減少していますが、
依然としてエイズを発症した状態で発見されている人の割合は、
約3割と高いままで推移しています。

近年は、治療法が進歩しており、HIVに感染していても
適切な治療によってエイズの発症を予防し、普段と変わらない生活を
送ることも可能になっています。
したがって早期発見が重要になります。

CCI20181120_0001.jpg

自覚症状のほとんどないHIV感染。
HIVに感染しているかどうかは血液検査でしかわかりません。
HIV検査は、全国のどこの保健所でも無料・匿名で受けることができますので、
感染の可能性・不安があるときはご相談ください。

和歌山市保健所では、
毎週火曜日の夜間(午後6時から8時)
木曜日の午前(9時から11時)の間で検査を実施しています。
検査結果は、1週間後にわかります。

11月24日(土)に和歌山大学の「和大祭」において
和歌山県、和歌山県臨床検査技師会との共催のもと、
啓発イベント
「世界エイズデー2018in和歌山」を開催します。
スタンプラリーなどの楽しい企画もありますので、
是非お越しください。

和歌山市保健所でも、
12月14日(金)午後5時から7時に
「夜間即日抗体検査」を実施します。

事前予約制です。
即日抗体検査とは、約1時間後に結果がわかる検査です。
金曜日の夕方に実施しますので、学校やお仕事の帰りに受けられます。

普段は忙しくてなかなか検査を受けられない方などは、
ぜひこの機会にご相談ください。

検査の予約は、
☎073-488-5118(和歌山市保健所 保健対策課 感染予防対策班)まで。

中居さんは
「HIVは、特別な方がかかる病気ではなく、性行為を行う方であれば
誰もがかかりうる病気です。感染しているかどうかは少量の血液で
検査出来ます。心配なことがあればお電話ください。
お待ちしています。」

と呼び掛けています。

詳しくはこちらをクリック!

明日は「まちかど通信30」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

11/20放送 「まちかど通信30」〜人も環境もよいまち・西脇地区☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信30」〜今回は西脇地区をご紹介。
西脇地区の概要について
西脇支所長の山本康造さんにお話を伺いました。

IMG_8669 (2).jpg

西脇地区は、
海草郡西脇町が1956年9月1日和歌山市に合併。
もとは農地が多く、
砂地と生かした源吾兵衛スイカなどの農業の盛んな地域です。

合併以降、住宅がどんどん増え、市街化が進み人口が増えました。
1955年の国勢調査では5034人だった人口は
2015年の国勢調査では12986人となっています。

西脇地区の特徴としては、
まず、豊かな自然環境に恵まれています。

北側には、和泉山脈の山並み
南側は、磯の浦海水浴場がある海と広大な河西公園に挟まれ
快適に暮らせます。

また、生活するのに便利なところです。
南海電鉄加太線の西ノ庄、二里ヶ浜、磯の浦の3駅があり
二里ヶ浜から和歌山市駅まで17分。
自動車による交通は、西脇山口線が開通してからずいぶん便利になりました。
買い物もスーパーマーケットが4店舗あり不自由しません。

スポーツなどで汗を流せる環境が整っています。
大阪から一番近い関西屈指のサーフィン場である磯の浦海水浴場。
広大な河西公園は、東西2q 31万uあります。
野球・テニス・サッカー・プール・児童遊園地などの施設があり、
小さいお子さんのいる家族連れのピクニックに最適の公園です。
園内通路はウォーキングやランニングで汗を流す人が多くいます。
桜の季節には、見事な桜並木で、知る人ぞ知るお花見のスポットです。

また、つつじヶ丘には、コート20面の市立テニスコートがあり、
国体の会場となりました。

テニスコート1.JPG

テニスコート2.JPG

「西脇地区」は、
人と人のふれあいを大切にした地域活動を行っています。

子どもを守る会のみなさんは、登下校時に子どもたちを見守り、
声掛けを行っています。
小学校では「ありがとう会」を開いて、守る会のみなさんを招待するなど
いい関係ができています。

西脇ありがとう集会.JPG

また公民館活動では、
音楽や踊りなどたくさんのサークル活動を通して、趣味や健康づくりに
取り組んでいます。
特に、女性が元気なのが目立っています。

山本所長は
「西脇地区は、人も環境もよく、ゆとりある住まいが持てて、
通勤にも便利です。スカイタウンつつじヶ丘もまだ空きがあります。
西脇地区へどうぞお越しください。」


IMG_8683.JPG


「西脇支所」はこちらをクリック!

明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


と呼びかけています。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

11/19放送「マイナンバーカード取得促進取組月間」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
11・12月は
「マイナンバーカード取得促進取組月間」
です。

chirashi-1.jpg

市民課の千田博美さんにお話を伺いました。

くらしの便利がぎゅっと詰まったマイナンバーカードを
安心してご利用いただくために、
和歌山県と県内すべての市町村が協力して、
11月12月をマイナンバーカード取得取組促進月間として
取り組んでいます。

月間中は、県内の税務署や警察署、運転免許センターとも連携して
マイナンバーカードのPRを行います。

各種イベントや年末調整説明会でも積極的にPRしていきますので、
市民の皆さんもこの機会に、マイナンバーカードへの関心を高めて
いただければと思います。

マイナンバーカードは、
暮らしの中で、色々な便利を実感していただけるカードです。
マイナンバーカードがあれば、市役所までお越しいただかなくても
最寄りのコンビニで証明書が取れたり、自宅から確定申告や
子育て手続きの電子申請ができたりします。
日中、お仕事や子育てで時間がない方には特におすすめしたいですね。

chirashi-2.jpg

コンビニでは、
住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍の全部事項証明書、
個人事項証明書、戸籍の附票の写しが取得できます。

全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートで利用できます。
また、ふじと台のマックスバリュでも利用できるようになります。

利用できる時間帯は、
住民票の写しと印鑑登録証明書については、
朝6時半から夜11時まで、
戸籍の全部・個人事項証明書と戸籍の附票の写しは、
朝8時半から夕方5時15分までとなっています。

なお、年末年始とシステム休止日は証明書の発行はできません。

マイナンバーカードは、
郵送での申請やスマートフォン、自宅のパソコンや
まちなかの証明書写真機からも申請することができます。

また、市役所・サービスセンターの窓口では、
無料で写真を撮影して、そのままマイナンバーカードの申請ができる
サービスを実施しています。

必要な書類がありますので、まずは市民課までお問い合わせください。

マイナンバーカードは、
マイナンバーを証明する書類、本人確認の際の証明書として
利用できるほか、e-Taxなどの
電子申請やコンビニでの各種証明書の交付、
図書館で本を借りる際の利用券としてもご利用いただけます。

今後さらに利用範囲が広がっていく予定ですので、
多くの市民の皆様にマイナンバーカードを取得していただければと
思っています。

詳しくはこちらをクリック!

また、市政情報課ではマイナンバーについての出張講座を行っています。

市民の皆さんにマイナンバーについて、よりよく知ってもらうため、
マイナンバー制度やマイナンバーカードについての
出張講座の依頼を受け付けています。
市政情報課の谷口竜太さんにお話を伺いました。

マイナンバー制度ってどういうこと?
マイナンバーは安全なの?
マイナンバーカードって何に使えるの?


講座では、このような疑問に答えていきますので、
小さな質問でも結構です。
どんどん質問してください。

講座の時間や内容などについては、
ご希望に合わせることができますので、
ご相談ください。

企業の研修や自治会の集まり、学校の授業などに出向きますので、
お気軽にお申し込みください。

お問い合わせは、
☎073-435-1212(市政情報課)まで。

詳しくはこちらをクリック!


明日は「まちかど通信30」です。
お楽しみに。




posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする