2020年09月21日

9/21放送 秋の全国交通安全運動について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

秋の全国交通安全運動
について、地域安全課の田中義久さんに伺います。

秋の交通安全運動.jpg

Q:いつ実施されるのでしょうか?

秋の全国交通安全運動は、本日から9月30日までの10日間実施されます。また、運動期間中の9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

Q:今回は、どのようなことが重点とされているのでしょうか?

今回の運動重点は、3点定められています。

1点目は、子どもを始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保です。自転車は車両に含まれることから左側通行が原則です。自転車の右側通行は、道路を通行してくる車両や歩行者との事故を誘発するのでやめましょう。自転車に乗るときは安全な運転を心がけ「自転車安全利用五則」を守り、万一の事故に備えて自転車保険に加入しましょう。

☆彡「自転車安全利用五則」とは
1.自転車は、車道が原則、歩道は例外
2.車道は左側を通行
3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4.安全ルールを守る 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止 夜間はライトを点灯 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
5.子どもはヘルメットを着用
の五つのルールです。
また、学校周辺で車を運転する際には、歩行中の子どもに注意して、通学路における事故を防止しましょう。

2点目は、高齢運転者等の安全運転の励行です。高齢者のみなさん、身体機能の低下等のため運転に不安を感じたり、家族から運転が「危なくなった」と言われれば、運転免許証自主返納の検討もしてみましょう。また、政府では高齢運転者の交通事故防止策の一環として、「衝突被害軽減ブレーキ」や「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」など先進安全技術でドライバーの安全運転を支援する「安全運転サポート車」の普及、啓発を図っています。
    
3点目は、夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止です。夕暮れ時や夜間の時間帯は、反射材を身につけてドライバーなどに早めに自分の位置を知らせることで、事故を防ぐことができます。夕暮れ時に運転する際は、早めのライト点灯で自分の位置を他の歩行者や自転車に知らせましょう。また、わずかなお酒でも、運転能力・判断能力を鈍らせます。飲酒運転は根絶しましょう。

〈市民の皆さんにメッセージ〉
市民の皆様には、秋の全国交通安全運動の機会に、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践をより一層意識していただき、交通事故の防止に努めていただくようお願いします。

秋の交通安全運動2.jpg

(内閣府のホームページ⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

9/18放送 イベント情報☆「交通安全フェアわかやま2020」ほか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日はゲンキトピックス。
市内で開催される行事などをご紹介します♪

交通安全フェアわかやま2020

あす、9月19日(土)に和歌山市西の和歌山交通公園で、毎年恒例の「交通安全フェアわかやま2020」が行われます。楽しく遊び、体験しながら交通マナーを学べるイベントです。県警音楽隊の演奏や警察官による交通安全講座をはじめ、缶バッジや免許証をつくる体験コーナーもあります。時間は、正午から午後3時までです。
雨天の場合は21日(月)に延期されます。
交通安全フェア-1.jpg交通安全フェア.jpg
【お問い合わせ先】
県庁県民生活課 ☎073−441−2350
当日和歌山交通公園へお電話ください 
⇒和歌山交通公園 ☎073−472−7690 
(詳しくは⇒こちら☆

旧中筋家寄席

同じく、あす9月19日(土)、和歌山市禰宜にある旧中筋家住宅で、「旧中筋家寄席」が行われます。
旧中筋家住宅は、江戸時代後期に建てられた大庄屋の屋敷で、国の重要文化財です。当日は、主屋の大広間で、わかやま楽落会・こども落語が、寄席を開きます。時間は午後1時半 から3時半までで、申し込みは必要ありません。
(詳しくは⇒こちら☆
主屋夏 (2).JPG


旧中筋家住宅 「望山楼 秋の特別公開」

また、9月22日(火)には、
旧中筋家住宅で通常非公開の「望山楼」が、特別公開されます。
主屋の三階から、高積山や岩橋千塚古墳群のある山々が一望できます。
時間は、午前9時 から 午後4時 までで、先着60名となります。
観覧料は大人100円、高校生以下は無料です。

【お問い合わせ先】文化振興課 電話:073-435-1194(平日)・旧中筋家住宅管理事務所 電話:073-465-3040(土・日・祝日)

(詳しくは⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

9/17放送 旧中筋家住宅

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


旧中筋家住宅について、
文化振興課の冨永 里菜さんに伺います。

主屋夏 (2).JPG

Q:旧中筋家住宅とは?

旧中筋家住宅は、江戸時代の和佐組大庄屋の屋敷構えを残しており、国の重要文化財に指定されています。嘉永5年(1852)建築の主屋は、三階の望山楼、二十畳敷きの大広間や広い接客空間などが特徴で、紀の川流域随一の大規模民家です。

Q:旧中筋家住宅の見どころは?

2200uの広い敷地の中に、重要文化財の6棟を含む建物があります。主屋は間口22.8m、奥行25mの大きな建物で、江戸時代の民家には珍しく一部三階建てです。3階の望山楼は、通常は非公開ですが、年2回、春分の日と秋分の日に特別公開します。今回は、9月22日の秋分の日が公開日となります。午前9時から午後4時まで、人数を限って、随時ご案内しております。この機会に、大庄屋の屋敷からの眺めを楽しんでいただければと思います。

Q:9月に行われるイベントとは?

9月19日に「第14回旧中筋家寄席」という落語のイベントがあります。わかやま楽落会の、こども落語から大人の方々までご出演いただく予定です。秋の午後、風通しのよい大広間の座敷にゆったりと座って、落語を楽しんでいただければと思います。

Q:今後のイベントについて

10月には、歴史的建造物の映像上映会、箏の演奏会があり、11月には昔話を聞く会、三味線の演奏会などがあります。12月から2月までの冬の期間は休館となりますが、公開の申請があれば受け付けています。

Q:市民の皆さんへ。

旧中筋家住宅では、建物をご見学いただくだけでなく、建物の雰囲気をいかして年10回程度のイベントを行っています。今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各イベントの定員は例年の50%にさせていただいております。またマスク着用や、入口での体温測定、手の消毒などにご協力をお願いしております。制限がある中ではありますが、日本の伝統的な建造物の良さを感じられる場所ですので、ぜひお越しいただければと思います。

【お問い合わせ先】
☎ 文化振興課 073−435−1194
☎ 旧中筋家住宅 073−465−3040
 (詳しくは⇒こちら☆)
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする