2020年07月13日

7/13放送 定期購入契約に関する注意点について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

定期購入契約に関する注意点について、
市民生活課の沼丸慶介さんに伺います。

Q 定期購入契約に関して、最近寄せられる相談は?
最近は、サプリメントなどの健康食品や化粧品が販売サイトなどで「1回目90%オフ」「初回実質0円」などと通常価格より低価格で購入できることを広告する一方で、定期購入が条件となっているという、通信販売に関する相談が多く寄せられています。

【 相談事例 】
動画投稿サイトで「ダイエット効果のあるサプリメント、お試し500円」という広告を見て注文した。その後、また初回の商品と同じ商品が届き、代金約6500円の請求書が入っていた。驚いて販売業者に問い合わせると、「5回の商品購入が条件の契約になっています」と言われた。500円のお試しのみの購入で定期購入が条件となっているとは知らず注文した。注文時の最終確認画面にも高額の記載はなく、定期購入が条件とも記載されていなかった。こんなに高額になるなら注文しなかった。返品したい。


Q このようなトラブルの原因は?
販売サイトの広告で定期購入が条件であることが、小さい文字で書かれており認識しづらいケース
何度もスクロールしなければ全体が表示されないケース
表示されていても目立たないケース
などが見られます。安く手に入るととびつく消費者が多いので注意してください。


Q このような事例の場合、解約や返品は可能?
解約や返品しようと販売業者に連絡しても、定期購入が条件となる期間や回数が定められている場合は「既定の回数を購入した後でなければ解約できません」などと断られます。期間や回数が定められていない場合でも、解約の申請期間が「商品発送日までの7日以内」などと設定されている場合もあり、解約や返品が困難です。また「販売業者に電話をかけても、通話中が続き繋がらない」という相談も多く寄せられています。


Q トラブルに遭わないためには?
商品を注文する際、販売サイトや申込みの最終確認画面で、価格や効果ばかりではなく、定期購入が条件となっていないか、なっている場合は、期間や回数が定められているか、支払い総額はいくらかなどの契約内容をしっかり確認するようにしてください。スマートフォンから注文しているケースが多く、画面が小さく文字が見づらいのでより注意が必要です。

通信販売では、クーリングオフ制度がないため、販売業者の返品特約に従うことになりますので、解約や返品ができるかなどの条件をしっかり確認するようにしてください。


お問合せ先
 ・和歌山市消費生活センター 073−435−1188
 ・消費者ホットライン 188
 ・国民生活センター「身近な消費者トラブルQ&A」(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

7/10放送 イベント情報☆ポポロハスマーケット ほか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は「ゲンキトピックス」。
市内で開催される行事などをご紹介♪


ポポロハスマーケット
7月12日(日)「ぶらくり丁商店街」と「中ぶらくり丁商店街」で、「ポポロハスマーケット」が開催されます。手作りとロハスにこだわったマーケットイベントで、手作りの雑貨や有機野菜、軽食などを販売するお店が並びます。時間は午前11時から午後4時までです。

☎ ポポロハスマーケット実行委員会事務局 073−425−8583
 (詳しくは⇒こちら☆
 0712ポポロハスマーケット.jpg


ブルーベリーの摘み取り体験
和歌山市明王寺の四季の郷公園では、今月、市民を対象としたブルーベリーの摘み取り体験会が開かれています。数十種類のブルーベリーを摘み取ってその場で食べ比べを楽しめます。現在、参加者を募集しているのは、7月19日(日)の回と、25日(土)の回で、いずれも定員は40人です。開催時間は午前9時から10時半まで。

☎ 四季の郷公園ネイチャーセンター 073−478−3707
 (詳しくは⇒こちら☆
四季の郷ブルーベリー参加者募集.png


市立博物館 展示「ボンボン時計ー時の記念日にちなんで」
和歌山市立博物館1階の常設展示室では、コーナー展示「ボンボン時計ー時の記念日にちなんで」を実施しています。明治から昭和にかけて使われた、振り子のついた柱時計「ボンボン時計」。市民から寄贈されたものなど10点を展示しています。期間は8月2日までです。

☎ 和歌山市立博物館 073−423−0003
 (詳しくは⇒こちら☆
0802まで ボンボン時計.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

7/9放送 和歌山市立こども科学館「夏休み子供創作教室」について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

和歌山市立こども科学館で開催される
「夏休み子供創作教室」について、
こども科学館の大引庸良さんに伺います。
0709夏休み創作教室.jpg

夏休み創作教室は、作品を制作する過程を通して、モノづくりの楽しさや完成させる喜びを体験し、発明意識を高め、創造性豊かな人材の育成を目的としています。今年度は3つの教室を開催します。体験を通して「モノ作りは楽しい」という事に気づいてただけると思います。是非、ご参加ください!


親子科学教室
子供と保護者が一緒になってゴム動力で動くプロペラカー等を作成し、風の力を感じていただきます。
 ・日 程 7月24日(金祝)
 ・時 間 9:40〜12:00(9:30〜受付)
 ・参加費 300円
 ・申込み 7月12日(日)まで


木工教室
木材を組合わせながら、おしゃれなコーナーラックを作成します。身近にあるモノが、どのような仕組みでできているのかを作業を通して学んでいただきます。
 ・日 程 8月8日(土)
 ・時 間 9:40〜12:00(9:30〜受付)
 ・参加費 1000円
 ・申込み 7月19日(日)まで


電気教室
モーターとギアボックスを使って四足歩行ロボットを作成します。ギアボックスの組み立てにより出力の違いを学んでいただくと伴に、ロボットが進む構造を学んでいただきます。
 ・日 程 8月15日(土)
 ・時 間 9:40〜12:00(9:30〜受付)
 ・参加費 500円
 ・申込み 7月19日(日)まで


◎各教室で、一日で作品を完成させます。
◎開催場所は、こども科学館3階実習室。
◎参加費は、材料費込みです。
◎当日は、動きやすい服装でご参加ください。
◎熱中症対策として、必ずお茶等をご持参ください。
◎マスクの着用もお願いします。


■お申込み・お問合せ先
 ・和歌山市立こども科学館 073−432−0002
 ・和歌山市立こども科学館ホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする