2016年08月31日

8/31放送 「わかやまの底力市民提案実施事業」提案募集☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「わかやまの底力市民提案実施事業」
提案募集について
市民協働推進課の田中慎也さんにお話を伺いました。


logo-b.gif



「わかやまの底力市民提案実施事業」とは
自発的に活動している市民グループから公益的な事業の提案を募集して
優秀な提案には交付金を交付するというものです。

年内に提案を募集し、翌年の春から事業を始めていただきます。
提案事業の募集は1年を通じてこの1回限りとなり、
提案実施事業はただいま募集中です。

募集要件としては、
師から提示するテーマに沿って事業を提案していただく「テーマ部門」
市民グループの自由な発想を提案していただく「自由部門」
2つの部門の募集となります。

「テーマ部門」の交付金の上限は150万円で、
「自由部門」の交付金の上限は50万円です。

書類審査である1次審査、公開プレゼンテーションである2次審査を経て
候補となる事業を選定し、当初予算決定後に提案事業の採択と不採択を
決定し翌年4月から事業を行っていただきます。

募集期間は、8月1日から始まっており、
10月3日月曜日まで提案を募集しています。

まだ、期間は十分ありますので、皆様からのアイデアあふれるご提案を
お待ちしています。

募集については、募集要項を手に入れてください。

こちらをクリック!



また、フォルテワジマ6階にあります
市民協働推進課でも紙面で配布しています。

ところで、「テーマ部門」のテーマは
今年は5つあります。


1.子育て中の保護者の交流(子育て支援課)
2.文化的・歴史的建造物の利活用と育成(建築指導課)
3.障害者施設授産製品の周知及び販売促進(障害者支援課)
4.障害者支援事業所の地域連携の充実と人材育成(障害者支援課)
5.市堀川周辺 さ・ん・ぽ・み・ち にリノベーションしよう!(都市再生課)


これらのテーマに沿った形でご提案をお願いいたします。

田中さんは
「今年は募集期間が約2か月と、例年に比べ長めに設定させて
いただいておりますので、提案するにはチャンスの年だと思います。
我こそはと思う方は是非ともご提案をしていただきたいと思います。」

と沢山の応募を呼び掛けています。


お問い合わせは、
☎073-402-1213(市民協働推進課)まで。


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

8/30放送 中学校訪問O 全国大会出場!高積中陸上部☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「中学校訪問O」
和歌山市立高積中学校陸上部をご紹介しました。


IMG_9209.JPG



高積中学校陸上部は、
8月21日から24日まで、長野県で開催された全国大会、
「第43回全日本中学校陸上競技選手権大会」
和歌山代表として出場するため、
夏休み中も欠かさず練習を行ってきました。


IMG_9146.JPG


IMG_9151.JPG



全国大会を前に、
400メートルリレーに出場する選手にお話を伺いました。

3年生でキャプテンの岡本祐依(おかもとゆい)さん
2年生の稲谷凪紗(いなたになぎさ)さん
2年生の中村紗也(なかむらさや)さん
3年生の松本万鈴(まつもとまりん)さん
補欠の森下湖羽(もりしたこはね)さん
補欠の詫間沙耶花(たくまさやか)さんです。

IMG_9217.JPG


全国大会に出場するには、各種目で設定された参加標準記録を
指定された大会で突破することが必要です。
高積中陸上部では、今回女子400メートルリレーと、個人競技で
全国大会出場を手にしました。


IMG_9219.JPG


全国大会出場が決定した時、岡本さんはじめみなさん、
「とても嬉しかった!」と喜びを語ってくれました。

夏休み中は、毎日午前中8時から11時頃まで、
練習を続けてきました。
「普段のメニューより厳しいメニューもあるけど、
みんなで力を合わせて走っています。」

とキャプテンの岡本さん。

全国大会では、
第1走者に岡本さん。
「応援してくれる子もいるので、みんなの思いをつなげるように
バトンを渡して走っています。」

と全国大会への意気込みを話してくれました。

岡本さんからバトンを受け継ぐ第2走者は2年生の稲谷さん。
「自分の中で気持ちの良い走りをしたいです。」

稲谷さんからバトンを受け継ぐのは同じく2年生の中村さん。
全力で万鈴ちゃんにバトンを渡せるように走りたいです。」

最後は3年生の松本さん。
「みんながつないでくれたバトンを、
出来るだけ早くゴール出来るよう
頑張りたいです。」

と力強く話してくれました。


IMG_9164.JPG

IMG_9173.JPG


補欠選手の森下さんは、
「リレーメンバーの4人が全力で走れるように
応援頑張ります。」


同じく補欠選手の詫間さんも
高積陸上部を盛り上げてゆけるように
応援も頑張ります。」

と、心強い補欠のお2人。
4人を応援で支えます。


IMG_9188.JPG

IMG_9195.JPG


8月21日から24日まで、長野県松本平広域公園
「信州スカイパーク」で開催された全国大会では、
残念ながら400メートルリレーは、予選突破とはなりませんでした。
全国の壁は厚かったようです。

しかし、個人競技で出場した3年生の松本万鈴選手は、
四種競技(100mハードル、砲丸投げ、走高跳、200m)
第2位(準優勝)と大健闘
また、走高跳でも第6位入賞を果たしました。

松本万鈴選手、おめでとうございます


そして、全国大会という大きな舞台を体験した皆さんも
お疲れさまでした。

今後の活躍も期待したいですね!


IMG_9203.JPG


「高積中学校」はこちらをクリック!


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 中学校訪問(2016〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

8/29放送 「犬や猫の飼い方」と「地域猫対策」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「犬や猫の飼い方」「地域猫対策」について
和歌山市保健所 生活保健課
獣医師の中村一男さんにお話を伺いました。


01_犬の写真.jpg


犬を飼い始めたら、飼い主さんにまずやっていただきたいこととして、
狂犬病予防法に基づいて、
「犬の登録」「狂犬病予防注射」を必ず行っていただく義務があります。

最近多いお問い合わせとして、
「登録」について、
飼い主さんが引越しをする場合や、
すでに登録済みの犬を譲り受けて買うことになった場合など、
犬もそのままで良いのではなく、
「登録の変更届」が必要です。

「狂犬病予防注射」については、
毎年4月に集合注射として、
和歌山市内の支所連絡所などで行われていますが、
その場所に行けなかった場合や
犬を飼い始めたが、まだ予防注射を受けていないなどの場合
時期を問わず動物病院で予防注射を受けることが出来ます。
飼い犬には、必ず狂犬病予防注射を受けるようにしましょう。


02_犬の鑑札の写真.JPG


ところで、犬の「登録」「注射」を済ませた場合には、
金属製の鑑札プレートをもらえますので、犬の首輪に装着しましょう。

加えて、迷子対策として首輪に連絡先を書いたり、
名札やマイクロチップなどのご検討もよろしくお願いいたします。

万が一、犬が迷子になった時の備えとして、犬が家に帰れるよう
所有者明示をお願いいたします。

猫の飼主さんへは、
犬のような登録制度はありませんが、首輪に名札を付けるといった
所有者明示で迷子になった時の備えをよろしくお願いいたします。


03_子猫の写真.JPG


迷子や予定外の妊娠、交通事故、怪我や病気などの危険から
猫を守るために「完全室内飼育」をお願いいたします。


ところで、和歌山市でも
「地域猫対策認定事業」が始まりました。

「地域猫対策」とは、
野良猫に関する問題、例えば、家の周囲におしっこなどをする、
鳴き声がうるさい、仔猫が産まれて増えていくといった問題を
地域住民やボランティア、行政の三者が連携協働して取り組み、
解決するとりくみです。

具体的には、野良猫に不妊去勢手術をしたうえで、
一定のルールの上で、決められた時間、場所でエサを与える、
猫用のトイレを設置するといったように
地域猫として管理をします。

産まれてきた命は守りつつ、無秩序には増やさない、
「地域猫対策」は、エサやりだけを行う今までの行為とは全く異なります。

中村さんは
「かわいそうな猫を助けたい、野良猫で迷惑しているという方、
和歌山市内で地域猫対策をお考えの方は、
和歌山市保健所までご相談ください。」

と呼び掛けています。

お問い合わせは、
☎073-488-5114(生活保健課)まで。


「地域猫対策」についてはこちらをクリック!


「動物保健班」は詳しくはこちらをクリック!


画像提供=生活保健課


明日は「中学校訪問」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする